JABA四国大会、JR九州が香川オリーブガイナーズに勝利、JR3チームが勝利

福山純平, 高野圭佑, 橋本涼, 福敬登, 松本直晃

 JABA四国大会では、JR九州が社会人大会初出場の香川オリーブガイナーズに勝利した。左腕の福敬登投手が150km/hを記録したようで、今年の活躍が注目される。また、JR西日本、JR北海道も勝利した。

延長13回の激戦

 四国アイランドリーグのチームが社会人野球の日本野球連盟の試合に出場したのは初めてとなる。その香川オリーブガイナーズは社会人野球の雄・JR九州と対戦した。JR九州は9回裏に4-4の同点に追いつくと、延長タイブレークでも得点が入らず、延長13回、JR九州の佐野洋樹選手が満塁ホームランを放ち、激戦にピリオドを打った。

 JR九州は5年目となる180cm左腕の福敬登投手がリリーフで登板すると150km/hを記録、タイブレークでも失点を防いだ。香川はルーキーの147km/h右腕・松本直晃投手が先発し好投を見せた。松本投手は東海大学翔洋から環太平洋大学へ進み、医療法人養和会で軟式野球部を続けた後、2014年のドラフトで香川に1位指名された。

 これまではプロ野球に入れなかった場合、高校、大学と野球を続けた後は社会人というのが一般的だったが、そこに独立リーグという選択肢が加わっている。松本投手のように社会人野球に入れなかったが独立リーグなどで頭角を現す選手という事例も出てきている。

 社会人と独立リーグはどっちが強いのか、どっちがプロに行けるようになるのか、これからその争いが見られるかもしれない。

 

JR西日本、JR北海道快勝も

 またこの大会には、JR西日本、JR北海道、JR四国も参戦している。JR西日本は146km/hの福山純平投手、151km/hの高野圭佑投手、148km/hの橋本涼投手が登板し、アークバリアに4-1で勝利した。

 福山投手は東大阪大柏原で甲子園で活躍し3年目、高野投手も四国学院大で151km/hを記録し2年目、橋本投手も九国大卒2年目で、3人とも今年ドラフト解禁となる。プロのスカウトも注目する事になるであろう3人の活躍に注目したい。

 JR北海道も清原和博選手の親戚・清原雄貴投手が好投し勝利したが、JR四国は三菱重工広島に敗れ、JR4チームが全て勝利することはできなかった。

JR九州のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

香川オリーブガイナーズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

JR西日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

JR北海道のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

JR四国のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

IL香川13回サヨナラ負け…初参加JABA : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


PAGE TOP