国際武道大・鈴木康平投手に8球団スカウト視察、148km/h記録

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 千葉県大学リーグが開幕し、国際武道大が7-0で敬愛大に勝利した。高校時代に148km/hを記録し、今年4年生となった鈴木康平投手が148km/hを記録、6回で8奪三振無失点に抑え勝利した。

プロ8球団が注目

 鈴木康平投手は185cmの長身投手で、千葉明徳高校時代に148km/hを記録してドラフト候補に挙げられていた。しかし制球面などで課題を見せ、国際武道大に進学をした。

 昨年5月に肩に腫瘍が見つかり手術を受けるなど結果を残せずにいたが、この日は最速タイの148km/hを記録、6回を無失点に抑える好投を見せた。

 この日はプロ8球団のスカウトが視察に訪れるなど注目度は高く、高校時代から注目されていたこともあり、復活投球で今年のドラフト候補として躍り出た。

国際武道大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 今秋ドラフト候補右腕・鈴木康平(4年)が6回無失点、8奪三振。昨年5月、右肩に3センチの腫瘍が見つかったが、指揮官に励まされ、早期の手術でカムバックした。プロ8球団のスカウトの前で自己最速タイ148キロをマーク。「監督に恩返しができた」と胸を張った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント