パナソニック・近藤大亮投手に8球団17人のスカウト集結、ドラフト1位指名も

社会人野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

 JABA京都大会では、パナソニックvsJR東日本の試合で、パナソニック・近藤大亮投手、JR東日本・進藤拓也投手のプロ注目150km/h投手同士が先発した。この試合には8球団17人のスカウトが視察に訪れた。

明暗も

 パナソニックの近藤大亮投手は、先日の岡山大会で最速151km/hを記録し、プロ10球団のスカウトが注目していたが、この日も先発すると最速は146km/hながら9回を完投して3安打9奪三振1失点と好投した。

 奥代監督も「入社以来一番の投球」と評価し近藤投手のピッチングを讃えた。

 一方、JR東日本は今年のドラフト候補・関谷亮太投手ではなく、社会人1年目のルーキーで来年のドラフト候補の一人、進藤拓也投手が登板した。進藤投手も横浜商大時代に150km/hを記録している184cmの大型右腕だが、この日は1回から3回まで連続してソロホームランを浴びるなどピリッとした投球は見せられなかった。

 

8球団17人のスカウト視察

 この試合には阪神の佐野統括スカウト、横浜DeNAの高田GMなどの首脳など8球団17人のスカウトが視察し、東北楽天の愛敬スカウトは「力の強弱、出し入れができている」とピッチングの内容を評価すると、横浜DeNA・小林スカウトは「球種以上にキレがいい」と球質を高く評価した。

 素晴らしいピッチングが続き、ドラフト会議での上位での指名は確実になった雰囲気がある。これから都市対抗などでさらに結果を見せられれば、社会人NO1投手としてドラフト1位での指名の可能性もある。

2015年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-社会人-大阪府のドラフト候補リスト

パナソニック近藤完投 8球団17人スカウト視察 スポーツニッポン紙面 2015/4/30

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント