JR東日本・田嶋 大樹投手に8球団スカウト視察、DeNAは4人態勢

社会人野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

JR東日本は東北楽天2軍と練習試合を行い、プロ注目の左腕・田嶋大樹投手が先発した。この試合には東北楽天、横浜DeNAなど8球団のスカウトが視察に訪れ、横浜DeNAは吉田編成部長以下4人のスカウトで視察した。

7回8安打3失点も

田嶋投手は「3回まで力が入らずに投げていて、全然ダメだった。」と話すように2回に4連打で失点するなど、3回まで6安打2失点と良くなかった。しかし、「3回のキャッチボールから投げ方がひらめいてハマった。急に降ってきた。テークバックのちょうど良い位置が見つかった。」と話すように4回から7回までの3イニングは2安打1失点と好投した。

結果は7回8安打3失点という内容だが最速も147キロを記録、「途中で自分のスタイルはこれだという感じになった」と話すように田嶋投手にとって収穫のある登板となった。

スカウト評価高く

今年のドラフトで、社会人投手のNO.1候補に挙げられる田嶋投手には、この日は横浜DeNAが4人のスカウトで視察、東北楽天など8球団のスカウトが訪れた。

横浜DeNAの吉田編成部長は、「最初はバランスが悪かったが、四回からは腕が振れて、ウチのスピードガンでも146キロでいい球がきていた。」と話し、「田嶋はその上位候補だ。まだまだこれから上がってくる」と高い評価をした。また、東北楽天・長島スカウト部長も「ポテンシャルの高い上位候補。良さは十分知っている。まだ6,7割。ずっと追いかけていく選手」と、今年ずっと追いかけていくと話した。

横浜DeNAは3年連続左腕投手指名か

横浜DeNAは2015年に今永昇太投手、2016年には濱口遥大投手と大学生左腕投手を2年連続で1位指名している。しかし吉田編成部長は「今、ウチはローテーション投手に左が多いといわれているが、今年もいい投手なら左も右も関係なく取っていきたい」と話し、3年連続での左腕投手の指名の可能性もあると話した。

ただし高田GMは、ポスト筒香について昨年から考えており、今年のドラフトでは清宮幸太郎選手の指名の可能性が高いとみられる。田嶋投手は外れ1位で残ることはないと考えられ、今年のチームの状況や若いスラッガーの成長によって、清宮選手か田嶋投手かの選択をしていくのではないかと思う。

2017年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

2017年ドラフト指名予想

社会人ナンバーワン左腕を目当てに、8球団のスカウトが視察に訪れた。4人態勢で臨んだDeNA・吉田編成部長は「まだまだこれから上がってくる」。楽天・長島スカウト部長も「良さは十分知っている。まだ6、7割では」と今後の活躍に期待した。

7球団のスカウトが視察する中、2回に4連打を浴びるなど7回8安打3失点の内容も最速147キロをマーク。「テークバックのちょうど良い位置が見つかった」と収穫を口にした。楽天の長島哲郎スカウト部長は「ずっと追いかけていく選手」

この日の最速は147キロ。プロ7球団が視察し、楽天・長島スカウト部長は「ポテンシャルの高い上位候補」と評価した。

視察したDeNA・吉田編成スカウト部長は「最初はバランスが悪かったが、四回からは腕が振れて、ウチのスピードガンでも146キロで、いい球がきていた。今、ウチはローテーション投手に左が多いといわれているが、ことしもいい投手なら左も右も関係なく、取っていきたいし、田嶋はその上位候補だ」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント