JR東日本・田嶋大樹投手がドラフト前最後の投球、7回2安打無失点

JR東日本, 田嶋大樹

JR東日本のドラフト1位候補・田嶋大樹投手はこの日、東京ガスとのオープン戦に先発し、7回2安打6奪三振無失点の好投を見せた。

7回にギアチェンジ

6回まで2安打無失点に抑えて迎えた7回、田嶋大樹投手はギアチェンジした。1球ごとに声を上げて、三者連続三振に斬って取った。ドラフト前最後となるイニングに全力投球を見せた。

「最後まで集中して投げられた」と話した田嶋投手、7回については「ギアチェンジした」と話した。

ドラフト会議に向けては「今は意識していないけど、前日になればもう少し実感が湧いてくるかな」と話し、「選ばれたところにいきます」と12球団OKの姿勢を示した。

田嶋投手にはオリックスのドラフト1位指名が確実視され、他にも埼玉西武なども1位候補に挙げている。

2017年度-社会人投手のドラフト候補リスト

圧巻は7回。11月2日開幕の日本選手権を想定し、「ギアチェンジした」と1球ごとに声を上げて全力投球し、アウト3つを全て三振で奪った。ドラフト前最後の登板を終えた左腕は「最後まで集中して投げられた」と納得の表情。ドラフトについては「今は意識していないけど、前日になればもう少し実感が湧いてくるかな」と笑い、「選ばれたところにいきます」と12球団OKの姿勢を示した。


PAGE TOP