侍ジャパン社会人代表候補練習試合に10球団視察、ドラフト1位候補・立野和明投手を東北楽天が評価

平尾奎太, 山田義貴, 立野和明, 小島康明, 本田健一郎

侍ジャパン社会人代表の代表選考合宿では、NTT東日本との練習試合が行われ、東海理化のドラフト1位候補・立野和明投手と、西部ガスの山田義貴投手が力を見せた。

NTT東日本が猛打

侍ジャパン社会人代表は、きらやか銀行のエース・小島康明投手が先発をしたものの、球速は130キロ中盤で球も甘く、強打のNTT東日本打線に捕まる。初回は味方のエラーから犠牲フライだったが、2回には下位打線に2ランホームランとソロホームランを2者連続で浴び、2回を投げて3安打4失点と渋い内容に終わった。

3回から登板したのはJFE東日本の本田健一郎投手、武蔵大学出身の2年目で150キロの速球を投げる。しかしこの日も球速は146キロを記録したものの、3回に3ランホームランを浴び、4回には死球の後にタイムリーヒットで、2回を投げて3安打4失点という内容だった。5回には長身左腕で昨年もドラフト候補として名前の挙がったHonda鈴鹿の平尾奎太投手が登板したが、2ベースヒットからタイムリーヒットで1回2安打1失点し、こちらもピリッとした内容ではなかった。

試合は5回まで9-2とNTT東日本が点差を付けた。どちらが代表か分からないような内容だった。しかし6回から試合が引き締まる。亜細亜大出身で西部ガスの山田義貴投手が登板すると、角度のある144キロから最速146キロまでの速球をバッターのインコースに投げ込み、またフォークボールも使って2回を1安打2奪三振無失点に抑える。そして8回には、今年のドラフト1位候補、東海理化の立野和明投手が登板すると、常時145キロ以上で最速149キロの速球を投げ込み1回で1安打を許したが3つの三振を奪った。「指のかかりとスプリットがよかった」と話した。

投手によってこうも変わるのかという展開で、良い投手が出てくると、生き生きしていたNTT東日本打線も抑え込まれた。山田投手も十分魅力的な力があり、そして立野投手はそれを上回る投球を見せた。

プロのスカウトも絶賛

この日はネット裏に10球団のスカウトが視察に訪れたが、立野投手について東北楽天の後関スカウト部長は「まだ大学3年生と同期で、伸びしろがある。変化球も使え、先発型として見ていける」と高く評価した。

社会人では、東芝・宮川哲投手、JR東日本・太田龍投手が右腕投手の中でドラフト上位候補だが、この春からの投球を見ても、立野投手がNO.1右腕と評価されそうだ。ただし、球速やスケールの大きさは太田投手の方が上回っており、都市対抗での投球が注目される。

代表合宿では、今日もJFE東日本と練習試合が行われ、昨日に登板しなかったJFE西日本の河野竜生投手、四国銀行の菊池大樹投手などが登板をする予定。

侍ジャパン社会人代表候補一覧(2019)
2019年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

楽天・後関スカウト部長は「まだ大学3年生と同期で、伸びしろがある。変化球も使え、先発型として見ていける」と高く評価した。


PAGE TOP