NTT西日本・大江克哉投手をDeNAスカウト「即戦力」評価

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAのスカウトが、NTT西日本の練習を視察し、大江克哉投手を高評価した。

体が大きくなった

大江克哉投手は176cmでそれほど大きくない体から、最速150キロの速球を投げ、今年のドラフト会議の注目候補の一人。「155キロを出してプロに行きたい」と、プロ入りを目指す。

この日は横浜DeNAで、自らも社会人投手として活躍しプロ入りした安部スカウトがNTT西日本の練習を視察、大江投手について「即戦力。体が大きくなった」と話した。

指導するのは、阪神やオリックスなどで活躍した野田浩司氏だが、「腕の振りが速くレベルアップした。すぐプロの中継ぎができるイメージ」と話す。

新型コロナウイルスの影響で試合ができない日々が続いていたが、この期間に、大きく変貌を遂げる選手もいそうで、やや体が華奢に見えた大江投手も、この間に体つきが変わったのかもしれない。

社会人野球のオープン戦は明日6日から始まり、大江投手がどのような投球をするのか、報道を待ちたい。

2020年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
NTT西日本の剛腕・大江155キロ宣言 サンケイスポーツ紙面 2020/6/5

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント