ヤマハの147キロ左腕・池谷蒼大投手に10球団から調査書

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

ヤマハの147キロ左腕・池谷蒼大投手に、10球団から調査書が届いていることが分かった。

スポンサーリンク

高校卒3年目左腕

池谷蒼大選手は静岡高校時に、鋭い変化球を中心に144キロの速球を投げる左腕投手で、プロ注目選手でもあった。地元のヤマハに進むと、石井隆之投手コーチは「ものはいいが体力、精神力が圧倒的に足りない」と見て、3年間で徹底的に鍛え上げた。

昨年はリリーフで公式戦で登板し、今年、先発で活躍するプランだったが春の大会や日本選手権が全て中止となり、評価が上がらずじまいで秋を迎える。しかし、都市対抗2次予選では2位試合に先発し、その力を見せた。

その池谷投手には、プロ10球団から調査書が届いているという。石井コーチも「まだ道半ば。球速も制球ももっと良くなる。間違いなく伸びていく」と話す成長途中の左腕が、どのくらいの評価で指名をされるのか注目したい。

2020年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

高卒3年目の21歳。コロナ禍で公式戦の多くが中止となり、アピールの場を失った分、即戦力の評価が足りない。成長を見守ってきた石井隆之投手コーチ(大井川高出)は「プロでもエースになれる球の質がある。厳しい練習に付いていける体力、逆境をはい上がれる気持ちの強さもある」と太鼓判を押す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント

  1. カープドラフト予想
    1位:早川(早稲田大)
    外れ:山下(福岡大大濠高)
    外れ外れ:森(日体大)
    2位:元(中京高)
    3位:鈴木(法政大)
    4位:寺本(広島商高)