ドラフト指名漏れの横浜・度会隆輝選手と若杉晟汰投手がENEOSからプロへ

社会人野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

ENEOSは紅白戦を行い、高校卒ルーキーの度会隆輝選手がエース・柏原史陽投手からセンター前ヒットを打った。

スポンサーリンク

ドラフト指名漏れ

度会隆輝選手は、横浜高校で1年時にヒットを量産して注目された。プロも注目し、プロ志望届を提出していたものの指名はなく、ENEOSに進むことを決めた。

この日、ENEOSは紅白戦を行い、度会選手も8番DHで出場すると、4回1アウト1,2塁の場面でエースの150キロ右腕・柏原投手からセンター前にタイムリーヒットを打った。残りの打席はすべて内野ゴロだったが、「1安打でしたが捕られた打球も良かったと思います」と話すと、大久保監督も「打撃に関しては非凡な物を見せている。可能性を感じる」と評価した。

紅白戦では途中からセカンドの守備についた。高校1年から期待されていた選手だったが、3年時はやや大人しい感じ、守備でも打撃でも積極的にガンガン行ってほしいと感じた。「先輩たちのプレーから学ぶことは多いです。レベルの高い環境で見習っていきたい。走攻守、足りないもの全てを一流にして、パワーアップしたい」と話し、3年後のプロ入りを目指す。

またこの日は登板はしなかったものの、度会選手と同じくドラフト指名漏れとなった若杉晟汰投手も、3年後のプロ入りを目指す。若杉投手は明豊のエースとして、昨夏の甲子園交流試合・県岐阜商戦で先発し、7回6安打9奪三振1失点の好投を見せた。144キロのキレのある速球が魅力で注目された投手だった。

度会選手と若杉投手は、高校2年のセンバツにともに出場した。試合では若杉投手が降板した後に度会選手が代打で出てきたため対戦はなかったが、度会選手は「いい投手だと思って見ていた。今は味方。不思議な感じがしますが、一緒に頑張っていきたい」と話すと、若杉投手も「1年の時から試合に出ていて、中学の時から打撃がすごがった。縁を感じます」と話す。

昨年に悔しい思いをした二人、若杉投手はENEOS黄金時代のレジェンド・大城基志投手のような雰囲気がある。二人で再びENEOSの黄金時代を築き、3年後にプロ入りを果たしたい。若杉投手は「投球術を身につけたい。球速も、150キロを投げたい」と意気込みを見せた。

ENEOS入部選手、慶応大・関根智輝投手、瀬戸西純選手、早稲田大・瀧澤虎太朗選手など9人
ENESOは新たに加入する9選手を発表した。
ENEOSのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年ドラフト会議、主なドラフト指名漏れ選手
評価されていた選手の中で、ドラフトで指名漏れとなった主な選手を挙げます。

度会と同じく、昨秋ドラフトではプロ志望届を出しながら、指名がなかった。「悔しかったですが、エネオスで経験を積んで、プロに行きたい。プロへの思いは、人生で一番強くなりました」と、こちらも前を向く。2年後へ向け「投球術を身につけたい。球速も、150キロを投げたい」とスケールアップを目指す。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント