ドラフト指名選手がリリーフで投げ合い、東京ヤクルト1位・竹下真吾投手vs広島6位・飯田哲矢投手

JR東日本, ヤマハ, 関谷亮太, 飯田哲矢, 竹下真吾

 社会人野球日本選手権、JR東日本vsヤマハの試合ではドラフト候補で指名された投手同士がリリーフで投げ合い、お互いの力を見せあった。試合は1-0でJR東日本が勝利した。

左腕対決

 広島がドラフト6位で指名したJR東日本・飯田哲矢投手は6回ノーアウトの場面で登板すると、3回2/3を投げてヒットを許さずに5奪三振、打者11人をパーフェクトに抑える好リリーフを見せた。チェンジアップ、カットボールをコーナーに配球した。

 対するヤマハは8回から東京ヤクルトにドラフト1位指名された竹下真吾投手が登板すると、「社会人最後のマウンドかもしれない。思いっきりいった」と言う通り、2回をノーヒット、四球で1人ランナーを出したものの4つの三振を奪い、こちらも無失点に抑えた。

 試合は5回に1点を奪ったJR東日本が勝利、ヤマハの竹下真吾投手は「真っすぐでどんどん押していく投手になりたい」と抱負を語った。

 オリックスからドラフト7位指名されたJR東日本の西野真弘選手は2番セカンドで出場し4打数1安打だった。

 

関谷亮太投手は5回0/3を1失点

 来年のドラフト1位候補、JR東日本の関谷亮太投手は、初戦では2回途中まで自責点4でマウンドを降りていた。この日も先発を任されると、5回0/3を投げて4安打1四球と状態はあまり良くなさそうだが、無失点に抑えチームの勝利につなげた。

 明治大時代の日米大学野球での投球や、今年の侍ジャパン社会人代表での投球などで来年は注目される投手になる事は間違いない。

 1―0の6回無死二塁から登板し、3回2/3を完全救援。チェンジアップとカットボールをコーナーに決めて5三振を奪い「落ち着いて投げられた」と胸を張った。オリックスのドラフト7位・西野は「2番・二塁」で先発出場し、4打数1安打。「社会人最後の大会なので最低でも5試合。最高で5試合」と決勝進出を見据えた。

 ヤクルトからドラフト1位指名されたヤマハの竹下真吾投手は0-1の8回から4番手で登板した。

 「社会人最後のマウンドかもしれない。思いっきりいった」と切れのある速球で安打を許さず、2回で4個の三振を奪った。


PAGE TOP