吉高壮

高校野球ドラフトニュース

2016年にプロ志望をしなかった選手が大学のエースとしてドラフト上位候補に

藤平尚真投手、寺島成輝投手、今井達也投手、堀瑞輝投手が高校生投手で1位指名された2016年のドラフト会議、プロ志望をしなかった選手が今年、大学生のドラフト候補として上位指名も予想される。
2020年ドラフトニュース

日体大、155キロ・森博人投手と150キロ・吉高壮投手にソフトバンク、西武視察

日本体育大はこの日、2020年の練習を開始した。今年も155キロ右腕・森博人投手と150キロ右腕・吉高壮投手をそろえ、リーグ制覇を狙う。
社会人野球ドラフトニュース

まだまだいます、1998年度生まれの選手達

プロで輝きを放ち始めた1998年度生まれの19歳の選手達、世代の選手同士が刺激し合い、大学、社会人などでもその刺激を受けて成長する選手が増えることが期待される。大学、社会人の同世代の選手を紹介する。
2020年ドラフトニュース

作新学院・小林虎太郎選手、明石商・吉高壮投手などが日体大入寮

日体大に入部する、作新学院・小林虎太郎選手、明石商・吉高壮投手、智弁和歌山・高垣鋭次選手などが入寮した。
高校野球ドラフトニュース

2016年夏、地方大会で敗れ去った注目投手

花咲徳栄の高橋昂也投手、横浜の藤平尚真投手、履正社の寺島成輝投手が甲子園に出場を決め、甲子園大会も非常に注目されるものとなりそうだ。その中で、地方大会で敗れた注目選手も大勢いる。そんな選手たちを紹介します。まずは投手。
高校野球ドラフトニュース

明石商が決勝で敗れる、吉高壮投手、山崎伊織投手は大学進学へ

ドラフト候補がそろい特に注目された兵庫大会は、市立尼崎が33年ぶりに甲子園出場を決めた。決勝で敗れた明石商の吉高壮投手は今後は大学でプレーをする。
高校野球ドラフトニュース

創志学園・高田萌生投手、明石商・吉高壮投手、大体大浪商・西田光汰投手が登板し結果残す

関西でもプロ注目投手が続々と登板をしている。創志学園の高田萌生投手は2回を投げて4奪三振無失点、147キロを記録した。
高校野球ドラフトニュース

高校野球・兵庫大会(2016):ドラフト注目度A

高校野球兵庫大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では直接指名される選手はいなかったものの、三田松聖の松本侑也投手(亜細亜大)と小西丞投手(関東学院大)などプロ注目の選手は多かった。そして今年は大変な事になっている。
高校野球ドラフトニュース

高校野球近畿大会、センバツ活躍の明石商と智弁学園が勝利

春季高校野球近畿大会が開幕し、1回戦2試合が行われ、センバツ優勝の智弁学園とセンバツベスト8の明石商がともに勝ち上がった。
高校野球ドラフトニュース

明石商が兵庫大会制覇、山崎伊織投手が報徳学園を完封

春季高校野球兵庫大会は、センバツベスト8の明石商が報徳学園を下し優勝した。山崎伊織投手が準々決勝に続いて完封した。