牧秀悟

2020年ドラフトニュース

中央大が初のノックと打撃練習、五十幡亮汰選手「進化したところを見せたい」

中央大はこの日、自主練習再開後の初のノックと打撃練習を行った。
2020年ドラフトニュース

12球団のドラフト、北海道日本ハムはらしくない指名を続けるか

2019年のドラフトでは、多くのファンが北海道日本ハムの指名に首をひねった。それは指名した選手が良くないという事ではなく、北海道日本ハムらしくない指名だったからだ。
2020年ドラフトニュース

12球団のドラフト、ソフトバンクは大砲候補を獲得できるか

福岡ソフトバンクは2017年に清宮幸太郎選手(早稲田実)、安田尚憲選手(履正社)の大砲を、そして昨年は石川昂弥選手(東邦)を指名し、大砲の獲得を目指すが、その悲願はまだできていない。
2020年ドラフトニュース

12球団のドラフト、ヤクルトは投手指名を続けるのか

2019年オフに高津監督が就任し、その使命として「投手陣を再建する」事が掲げられた。その言葉通りドラフト会議では1位から4位まで投手の指名を続けた。今年も投手の指名は続くのか。
2020年ドラフトニュース

12球団のドラフト、広島は大砲を獲得できるか

広島は今年1月のスカウト会議で、「現状で脚力のある若い選手が増えてきた。投手はもちろんですけど、長打力の素質を持った選手を探していこうという形です」と、長打力を持つ選手の獲得を目標に設定した。
2020年ドラフトニュース

12球団のドラフト、横浜DeNAは大砲と守護神の獲得ができるか

横浜DeNAは昨年、高校や大学に有力な投手がいたものの、高校生の遊撃手・森敬斗選手を1位指名した。筒香選手がメジャーに移籍し、リリーフの山崎投手もメジャー移籍の希望を口にしている。
2020年ドラフトニュース

中央大・牧秀悟選手をオリックス、ソフトバンクが評価、逆方向に打てる内野手

今年のドラフト会議で、プロのスカウトが右の大砲として注目するのが中央大・牧秀悟選手、昨年は侍ジャパン大学代表の4番を打ち、二遊間を守れる選手としても注目される。
2020年ドラフトニュース

中央大・牧秀悟選手、攻守そろうドラフト上位候補内野手に阪神スカウトが評価

デイリースポーツ・虎が追うのコーナーでは、中央大の牧秀悟選手を紹介している。阪神スカウトも高い打撃技術を評価する。
2020年ドラフトニュース

東都リーグが春季リーグ戦を中止、個人成績にも影響

東都リーグは春季リーグ戦の中止を決定した。大学野球選手権の代表チームは準硬式戦として1部リーグのチームによるトーナメント戦の開催などを検討する。1部2部の入れ替え戦も行われない。
高校野球ドラフトニュース

日刊スポーツがドラフト候補特集、上位候補20人をリストアップ

日刊スポーツがドラフト候補の特集を行い、ドラフト上位候補・有力候補として20人を紹介している。