新人合同自主トレ続々スタート、中日1位・高橋宏斗投手に仁村2軍監督「マー君みたい」

オリックスルーキーニュース 中日ルーキーニュース 広島カープルーキーニュース 横浜DeNAルーキーニュース 阪神ルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

新人合同自主トレは、すでに横浜DeNAが開始し、この日は中日、広島、東京ヤクルト、阪神、オリックスの6球団が開始した。昨年のドラフト会議で指名された選手がその力を見せ始める。

スポンサーリンク

ドラフト1位指名選手が目立つ

やはり、ドラフト1位で指名された選手が、一番最初は注目される。中でも中日のドラフト1位・高橋宏斗投手は185cm85kgの体から、「60%くらいの力です。感覚を確かめながらでした」と話す投球に、見守った仁村2軍監督が唸った。

仁村氏は東北楽天でコーチとして長年指導をしており、田中将大投手も見てきた。そしてこの日の高橋投手について「まだ体が硬い感じはするよね。でもボールは力強くて馬力の強さを感じる。若かった時のマー君みたいだね。彼も硬かったけど、投げたらすごかったから。そうなってほしいね」と話し、「硬さは投げていくことで少しずつ取れていく。マー君はもっと硬かったから心配していない。将来は1軍でばりばり投げてもらう存在」と期待を込めた。

ドラフト会議では単独1位指名となったが、能力としては田中将大投手くらいの10年に一人クラスの力を持っていると思う。与田監督は大切に育成をしていく方針を伝えており、将来が非常に楽しみだ。

オリックスのドラフト1位・山下舜平大投手も注目された。「半分くらいの力で、ボールの回転だったりを確認しながら投げた。」とキャッチボールを見せると、相手をしたドラフト4位の中川颯投手は、低めに伸びてくる球を「怖かった」と話し、見守っていた中嶋監督も「あれで半分の力なら、300キロ出るんちゃう?」と話すほどだった。高校3年夏までに一気に成長をした山下投手、秋、冬にもさらに成長をしていたと思う。キャンプでブルペン投球が注目される。

充実した初日

広島のドラフト1位・栗林良吏投手は、社会人出身の投手らしく「無理せず徐々に投げていきたい」とペースをしっかりと守っている。昨年のドラフト1位で、新人王に輝いた森下投手も、新人合同自主トレではブルペンに3度しか入っておらず、マイペースを貫いた。栗林投手も「ブルペンで投げないから崩れるということはない。自分の調整をしっかりやっていた印象がある」と森下投手を参考に、マイペースを続ける。

阪神のドラフト1位・佐藤輝明選手も「久しぶりにガッツリ動いたので、いい張りがある」と話し、充実感を漂わせた。

中大OBがサポート

北海道日本ハムのドラフト2位・五十幡亮汰選手は、ドラフト4位の高校卒ルーキー・細川凌平選手とダッシュを行い、50m5.8秒の細川選手を圧倒し、中学時代NO.1の足を見せた。

中央大出身の五十幡選手には、OBの阿部巨人2軍監督が、巨人OBにあたる矢野2軍打撃コーチや大田選手に、「しっかりと面倒を見るように言っておくから」と話しているようで、「期待に応えられるように頑張らないといけないという、プレッシャーを持ちながらやりたい」と話した。

新人合同自主トレ2日目となった横浜DeNAの牧秀悟選手も、「開幕1軍だったら、好投手から自分のスイングを忘れず対戦したい」と話した。開幕カードは巨人戦で、巨人に残留した菅野智之投手と対戦することにもなる。大学時代から対戦を望んでいたとし、プロの第1打席が菅野投手との対戦となれば、非常に興味深い。キャンプで開幕スタメンをしっかりと掴みたい。その力は十分ある。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント