DeNAドラフト2位・中央大の牧秀悟選手に指名あいさつ「首位打者を期待」

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

横浜DeNAは、ドラフト2位で指名した中央大・牧秀悟選手に、吉田球団代表補佐、河原スカウトディレクターが指名あいさつを行った。

スポンサーリンク

首位打者

あいさつを行った吉田球団代表補佐は、「牧君は広角に打てる上に、アベレージも稼げるし長打力も魅力。守りも遜色ない。今、ウチの内野は若手がいるが、競争してレギュラーをつかんで欲しい」と話した。

DeNAは内野手の世代交代に備え、2018年のドラフト2位で伊藤裕季也選手、2019年のドラフト1位で森敬斗選手、5位で田部隼人選手を指名している。牧選手は、2019年春のリーグ戦で、打率.400で首位打者に輝き、2本塁打を放ち、14打点は打点王、また2019年秋も打率.361でリーグ3位、1本塁打、14打点で2度目の打点王となっている。

今季も現在打率.423で首位打者となっており、打点は4と少ないものの、2本塁打を放っている。高いアベレージを残しながらも、ここぞという時の長打力があり、日米大学野球や、U18代表との交流戦でもきっちりとホームランを放っている。

宮崎選手のような活躍を期待する一方で、ロペス選手のような勝負強さ、そしてセカンドでがっしりとレギュラーを取って、キャプテンとしてチームを引っ張る器量がある。

牧選手は巨人・坂本選手の打撃を参考にしているという。その坂本選手が2000本安打に迫る中で、「僕も2000本安打と打点王を目指したい。いつかは超えたい存在。右で日本を代表する選手になりたいです」と話した。

打点や打率だけじゃないものをチームにもたらしてくれそうだ。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
横浜DeNAベイスターズ、過去のドラフト指名一覧
横浜DeNAベイスターズ公式ページ 横浜DeNAベイスターズ関係スレッド型掲示板 横浜DeNAベイスターズドラフト指名予想 横浜DeNAベイスターズ過去のドラフト指名 過去3年間:投...
2020年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

吉田孝司顧問兼代表補佐は「牧君は広角に打てる上に、アベレージも稼げるし長打力も魅力。守りも遜色ない。今、ウチの内野は若手がいるが、競争してレギュラーをつかんで欲しい」と期待を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント