大東文化大・景山貴也投手が帝京大・西村天裕投手に投げ勝つ、桐蔭横浜大・西村純季投手が完封

西村純季, 桐蔭横浜大, 帝京大, 西村天裕, 景山貴也, 大東文化大

 首都大学リーグでは大東文化大vs帝京大の試合が行われ、大東文化大4年生の景山貴也投手が、帝京大2年生の西村天裕投手に投げ勝った。

 帝京の150km/h右腕・西村天裕選手は4回に2ランホームランを浴びて2失点するも、終盤に調子を上げ最速150km/hを記録、その後は点を与えなかった。

 しかしこの日は大東文化大のエース景山貴也投手も145km/hの速球で勝負し、帝京打線を3安打0点に抑えて完封勝利をあげた。

 景山投手は米子松蔭高校出身で175cmながら147km/hのストレートを投げる。西村投手は昨年150km/hを記録し、2年生でエースとして活躍している速球派投手で2年後のドラフト注目選手となりそうだ。

 神奈川大学リーグでは桐蔭横浜大の西村純季投手が神奈川大を完封し勝利を挙げた。西村投手は遠軽高校出身で兄は元巨人の西村優希投手。今年遠軽高校がセンバツ大会に出場すると、神奈川で行われたキャンプにOBとして練習を手伝うなどしていた。遠軽高校の甲子園出場で西村投手にもエンジンがかかってきた。まだ3年生、これからの活躍で来年のドラフト候補となる。


PAGE TOP