青山学院大が1勝1敗のタイ、来年のドラフト上位候補・吉田正尚選手が必死の奮闘

吉田正尚, 専修大, 角田皆斗, 高橋礼, 高島翔太, 青山学院大

 東都大学リーグは青山学院大vs専修大の1部2部入れ替え戦が行われており、2戦目のこの日は青山学院大の1年生・高島翔太選手がサヨナラヒットを放ち、青山学院大が1勝1敗とした。

青山学院大

 春に続き1部6位となった青山学院大、この日は初戦に続き岡野祐一郎投手と福本翼投手の2枚看板の継投となり、特に4年生の福本投手は6回途中から延長14回までを1失点に抑える好投を見せた。

 引き分け目前の延長14回2アウトに1年生の高島翔太選手がタイムリーヒットを放ちサヨナラで勝利した。高島選手は常総学院出身の1年生で、昨年夏は甲子園で1番バッターとして活躍、2点タイムリー3ベースヒットなどを放って活躍を見せた。この日は7回からライトの守備に着くと、4打数1安打だったがその1本が高校・大学で初めての公式戦でのサヨナラ打となった。

 河原井監督も「彼の今後の野球人生でも大きな一打になる」と話した。今後、外野手として出場が増えるようになるだろう。

 また来年のドラフト上位候補・吉田正尚選手はこの日、5打数2安打2打点の活躍を見せた。昨日も4打数2安打1打点と気を吐いており、さすがの活躍を見せている。来年、プロのスカウトから注目されるためには1部に残留しなければならない。吉田選手も必死だろう。

 

専修大は投手好投も

 専修大は初戦には今季2部で6勝を挙げて開花した角田皆斗投手が6安打11奪三振2失点で完投している。この日は1年生で専大松戸でサブマリンとして注目された高橋礼投手が先発すると、6回途中まで4失点してしまう。7回からはエースの角田投手が登板し、延長14回までの7回2/3を投げて5安打9奪三振と好投したが、14回にサヨナラの1失点を喫した。

 4年生で大学野球は最後となる角田投手、チームを1部に昇格させて恩返しをしたい。今日3戦目が行われる。

 青学大は4時間30分を超えて新しいイニングに入らない規定により、最後の攻撃となった延長14回で劇的なサヨナラ勝ち。4時間41分の激闘に河原井正雄監督は「1年生がよく打ってくれた。彼の今後の野球人生でも大きな一打となるだろう」と称えた。


PAGE TOP