明治大が創価大に勝利、田中正義投手、池田隆英投手を打ち崩す

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 明治神宮大会大学の部、明治大が創価大を6-2で下して決勝進出を決めた。創価大の2年生150km/hコンビから得点を奪い貫禄の勝利だった。

期待の左腕冴えずも

 明治大は秋季リーグ戦で防御率1位となり、既に広島がドラフト1位候補としてリストアップしている190cm左腕・上原健人投手が先発した。しかし、今年は昨年よりも球威などの面で今一つで、この日も4回を投げて2安打4奪三振も2失点、球速も140km/h中盤を記録していたものの、昨年のような迫力は感じられなかった。

 しかし、5回から登板した柳裕也投手が、リーグ戦でもエース格として登板した力を見せて、5回を3安打6奪三振で無失点に抑えた。

 一方、攻撃では5番の菅野剛士選手が3打数2安打4打点の活躍を見せた。

 

創価大の150km/h2年生コンビが失点

 創価大は小松貴志投手が3試合目の先発のマウンドに上ったが、5回途中まで3失点と疲労を隠せなかった。5回にはノーアウト1,3塁の場面で、前の試合でタイブレークでストレートで2三振を奪い無失点に抑えていた田中正義投手が登板すると、151km/hの速球を内野安打されると、150km/hの速球をはじき返されこの回2点を与えた。

 その後も9回には同じく2年生の池田隆英投手が登板し151km/hの速球を投げ込んだものの、菅野剛士選手に走者一掃のタイムリーヒットを浴びて3失点した。

 2年生で共に150km/hの速球を投げ、これから注目されるだろう。しかし田中正義投手は故障もあってか選手権の投球に比べるとストレートのキレが無かった。選手権ではストレートを投げるの分かっていてもバットに当たらないキレがあり、圧巻のピッチングを見せたが、今大会では前の試合でもストレートをバットに当たられる場面もあり、この日は菅野剛士選手にはじき返された。

 菅野選手は二人の投球について「有原さんの方がスピード、切れとも上だと思う。ただ、球は来ていたのでバットを指1本短く持った」と話し、早稲田大の有原航平投手の方が上と見たようだ。

 

 決勝戦は昨年に引き続き東都vs東京六の対戦となる。昨年は亜細亜大が明治大を下して優勝を収めている。明治大のリベンジなるか。

 1―2の5回無死一、三塁で救援した田中を相手に同点に追い付き、なお2死一、二塁から菅野が勝ち越しの中前打。「指1本分バットを短く持った」と150キロ直球を捉えた。

 菅野は田中の印象を聞かれ「(早大の)有原さんの方がスピード、切れとも上だと思う。ただ、球は来ていたのでバットを指1本短く持った」と淡々と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント