早稲田大・吉永健太朗投手も復活へ手応え、2011年高校日本代表投手はみんな苦戦

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 早稲田大が沖縄キャンプに入った。日大三で甲子園優勝、アジアAAA選手権でも優勝の立役者となった吉永健太朗投手の復活に期待される。

徐々に良く

 高校時代は世代トップの投手としての活躍を見せた吉永健太朗投手、大学でもその勢いで1年春に4勝0敗の成績でチームを優勝させると、大学野球選手権でもエースとして活躍し大学日本一に輝いた。

 しかしそれから、疲労もあってか勢いが無くなり、1年秋は3勝2敗、2年春は1勝0敗で規定投球回数未到達、2年秋は2勝4敗。そして3年春は0勝2敗、秋は0勝1敗と未勝利で共に規定投球回数に未到達だった。肘の痛みにも悩まされていたようだ。

 しかし今年に入り、肘の痛みが無い事はないだろうが状態は良く、「徐々に良くなってきた」と話している。

 

2011年高校日本代表投手

 2011年の高校日本代表投手のメンバーを見ると、

早稲田実・吉永健太朗(早稲田大)
東洋大姫路・原樹理投手(東洋大)
金沢・釜田佳直投手(東北楽天)
聖光学院・歳内宏明投手(阪神)
英明・松本竜也投手(巨人)
唐津商・北方悠誠投手(福岡ソフトバンク)
鹿児島実・野田昇吾(西濃運輸)

 と、吉永投手や釜田投手が大学やプロ1年目で活躍を見せたものの、その後は故障により活躍できておらず、松本投手、歳内投手、原投手、野田投手も目立った活躍ができていない。さらに北方投手は横浜DeNAにドラフト1位指名されたものの3年で戦力外になるなど、厳しい現実を味わっている。

 原投手がオープン戦で好投を見せたようだが、他の投手も奮起を期待したい。

 

 年明けからフォームの安定をテーマに投げ込みと実戦練習に励み「徐々に良くなってきた」。日大三のエースとして11年夏の甲子園で全国制覇。早大では1年生ながら大学日本一に貢献したが、その後は右肘痛もあり、昨年の春秋リーグ戦は未勝利に終わった。肘の状態も良好で「沖縄でのオープン戦でしっかり抑えて、感覚を取り戻したい」と力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント