早稲田大、2年生4番・加藤雅樹選手が一発、1年生早川隆久投手も好リリーフ

2020年ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2019年ドラフトニュース

早稲田大は2年生の新4番・加藤雅樹選手がホームランを放ち、1年生の早川隆久投手が好リリーフを見せた。

新4番

茂木選手や石井選手が抜けた早稲田大に、新たな打線の軸が誕生した。2年生で4番に入った加藤選手はこの日、3回に右中間スタンドにリーグ戦1号となるホームランを放った。

早稲田実では通算47本塁打を放ち、1年生の清宮幸太郎選手などと共に甲子園ベスト4まで勝ち進んだチームを、主将として捕手として引っ張った。

プロも注目したが早稲田大に進学すると外野手に転向、秋には主軸も期待されたが、左太ももの肉離れを起こし試合に出られなかった。「去年の悔しい思いを晴らしたかった」と加藤選手は話した。この日は4打数2安打1打点、再来年のドラフトに向けて注目選手の活躍がスタートした。

左の3枚目

早稲田大はこの日は3年生の小島和哉投手が先発し、7回1/3を投げて8つの四死球を与える不安定さを見せた。それでも5安打6奪三振で3失点に抑え、何とか粘りを見せた。それでも8回、1アウト満塁にしたところで、1年生の早川隆久投手にマウンドを譲った。

大学デビュー戦にもかかわらず1アウト満塁という厳しい場面で登板した早川投手、詰まったあたりが落ちるヒットで1点を失ったが、その後は145キロを記録したストレートで押し、2者連続三振で切った。9回はヒットを許したものの2つの三振を奪い、1回2/3を投げて3安打4奪三振無四球で自責点0に抑えた。

早稲田大は4年生になる大竹耕太郎投手もおり、小島投手と共に左がチームを支えている。小島投手、大竹投手の調子次第では早川投手が先発に入ってくる可能性も高い、そんなこの日の早川投手の投球だった。

早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2年生の早大・加藤が4番に座り、3回にリーグ戦1号となる右中間ソロを放った。昨秋は左太腿肉離れの影響で試合に出られず「悔しい思いをしたので何とか晴らしたかった」と笑顔を見せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント