立命館大・東克樹投手がプロ志望届提出

東克樹, 立命館大, 近畿大, 岡田和馬

大学生プロ志望届では、立命館大の東克樹投手が追加された。今年の大学野球のエースで、リーグ戦では2度のノーヒットノーランを達成している。

小さな左のエースは152キロ

東克樹投手は170cm72kgと体は大きくない。それでも最速は152キロを記録し、リーグ戦では2度のノーヒットノーランを達成、さらに今年のユニバーシアードでは大学代表のエースとして、準決勝の韓国戦で8回5安打11奪三振で無失点ピッチングを見せるなど、素晴らしい実績を残している。

制球は試合によって荒れる所もあるが、四球から崩れるという事はなく、良い時はキレのある球がズバズバと決まり、変化球のキレもあって手が付けられないピッチングを見せる。

東投手は春までは社会人に進むことを決めていたが、プロのスカウトの評価が非常に高まり、本人もプロ志望へを進路を変えていた。大学のエースとして堂々のプロ入りとなる。東北楽天などが非常に高く評価をしており、ドラフト2位までには確実に指名されるとみられる。

おなじ関西学生リーグで同じサウスポーのライバル、近大・岡田和馬投手もプロ志望届を提出した。こちらは180cmの左腕で最速は147キロを出すが、球の勢いというよりは、フォームのバランスが良く、大きな変化球を織り交ぜた投球が持ち味。岡田投手もどのような評価を受けているのか気になる。

2017年大学生プロ志望届提出選手一覧
2017年大学生ドラフト番付

東は最速152キロを誇る左腕で今秋ドラフト1位候補。関西学生リーグで史上初となる2度の無安打無得点試合を達成し、7月の日米大学選手権や8月のユニバーシアード夏季大会の日本代表にも選ばれた。


PAGE TOP