日体大の150キロ右腕・松本航投手が東洋大を完封

東洋大, 日体大, 松本航, 甲斐野央

明治神宮大会大学の部では、日体大の来年のドラフト上位候補で150キロの速球を投げる松本航投手が東洋大を完封した。日体大は決勝で星槎道都大と対戦する。

甲斐野投手と投げ合い

松本航投手はこの日、140キロ中盤の速球が低めに決まると、ツーシームのキレもよく、東都の覇者・東洋大から9つの三振を奪った。4つの四死球を与えたものの、ヒットはわずか4安打、要所で三振を奪い、148球を投げて完封した。

松本投手は兵庫の明石商出身で、高校時代も高いレベルの安定感あるピッチングを見せてドラフト候補として注目された。日体大でも1年生の秋から5勝をマークするなど能力の高さを見せ、2年春には6勝を挙げた。今年は侍ジャパン大学野球代表に選出され、ユニバーシアードではリリーフとして投げ、アメリカ戦で2回1安打3奪三振、韓国戦でも2回ノーヒット2奪三振と好投を見せている。

この日は東洋大も来年のドラフト上位候補・甲斐野央投手が先発した。共に注目される二人だが、中学時代にKボールの兵庫選抜でチームメイトだった。甲斐野投手はその後、東洋大姫路に進んで注目投手となり、東洋大では152キロを記録している。甲斐野投手はこの日は先発したものの3回1/3を投げ、5安打3失点と苦しいピッチングとなった。しかし、6つの三振を奪う力も示した。

試合前に少し会話をしたという松本投手と甲斐野投手、投げ勝った松本投手は「こういう舞台で投げ合えてうれしかったし気合が入った。」と話した。

日体大は決勝はもう一人のドラフト上位候補・東妻勇輔投手が登板するとみられ、星槎道都大と優勝を争う。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
日本体育大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

日体大は松本が148球を投げ、4安打完封。中学時代にKボールの兵庫選抜でチームメートだった東洋大の右腕・甲斐野との来秋ドラフト候補対決を制し、37年ぶりの決勝進出に導いた右腕は「こういう舞台で投げ合えてうれしかった」と笑顔だった。

来秋ドラフト候補の日体大・松本航投手(3年・明石商)が4安打完封。6回1失点だった準々決勝からの連投をものともせず、9三振を奪った。


PAGE TOP