今年チェックしたいドラフト候補(その3)

秦匠太朗, 松田進吾, 須永悦司, 佐藤聖南, 樽井翔大

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手に、凄そうな選手がたくさん紹介されています。今年、一度はチェックしたい選手をピックアップします。今日は3回目。  その1その2

大東文化大・佐藤聖南投手

北陸高校出身の佐藤聖南投手は、巨人ドラフト1位の鍬原拓哉投手の後輩、175cmとそれほど大きくなく、線も細く感じられるが最速148キロの速球を投げ、変化球も多彩。昨年のリーグ2部では桜美林大を3安打完封するなど実績もある。走っても50m5.8秒を記録するなど抜群の身体能力があり、いろいろな可能性を想像しながら見てみたい選手。

日本大・松田進吾選手

187cmの大型選手ながら50m5.8秒で走る松田進吾選手は、札幌日大時代に25本塁打を記録し注目されていた。日大でも1年生から活躍を見せ、昨年は春に4番を打ってホームランも見せるなどしたが、打撃の安定感に欠け、春も秋も規定打席に到達できず、入れ替え戦では4番を任されたものの2部に降格してしまう。今年は2部でなかなか姿は見られなくなるかもしれないが、常にマークしておきたい選手。

東海大・樽井翔大投手

三田学園出身の樽井翔大投手は191cm87kgの大型右腕、最速は145キロを投げ高校時代も期待された。チームはエース・青島投手など投手陣の層が厚く、公式戦ではなかなか投球が見られないかもしれないが、できれば見てみたい大型投手。

桐蔭横浜大・須永悦司投手

素質の高い選手の多い桐蔭学園出身で、190cm93kgの右腕として注目されたのが須永悦司投手。桐蔭横浜大では昨年秋に149キロを記録し、その能力の高さを見せた。下が使えていないなどまだ課題も多く、時間ももう少しかかるかもしれないが、社会人で頭角を現すような感じもする。将来が非常の楽しみな投手。

専修大・秦匠太朗選手

二松学舎大附時代に58本塁打を放ち、豪快な打撃で注目された秦匠太朗選手。大学でも1年生の春からホームランを放つなどその打撃を見せつけていたが、昨年春は打撃不振で規定打席に達せずチームの2部に降格、秋は2部リーグでホームラン0本、打率も.256、打点も5と調子を上げることはできなかった。ドラフト年となる今年、2部で輝きを放ってほしい。

みなさまのおすすめ選手を教えてください。ドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP