今年チェックしたいドラフト候補(その1)

大学野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手に、凄そうな選手がたくさん紹介されています。できれば今年一回見てみたい選手達を挙げてみます。

青山学院大・河端優馬投手

まずは東京、東都2部の青学大・河端優馬投手。高岡商出身で186cm85kgという体がある大型右腕です。投げ方も悪くなく最速149キロを記録しており、昨年春の2部リーグでは1勝2敗でしたが、秋は3勝4敗、防御率2.28。どのような感じで負けてしまうのかが気になる投手です。今年はエース級の活躍をしてチームを1部にあげてほしいですね。

九州国際大・佐藤卓実投手

宇部商業出身の184cm82kgの佐藤卓実投手、腕の振りが柔らかく球速は大学下級生の時に150キロを記録しています。昨年春は4勝0敗、秋は3勝0敗でMVPに輝いており、今年は一気に全国区の投手になりそうです。大学野球選手権で見られれば良いですが、リーグ戦に一度は足を運ばないといけないかもしれません。

東日本国際大・有馬昌宏投手

青森北高校出身の183cm86kgの大型左腕・有馬昌宏投手、最速で146キロを記録している投手です。リーグ戦では2年生の春に3勝0敗も昨年は春1勝1敗、秋はわずか1イニングの登板に終わり、その原因がきになりますが、昨年春にはプロを目指していることを表明しており、今年の復活が期待されます。

日本体育大・黒柳涼介投手

春日部共栄高校出身で179cm73kgの右腕・黒柳涼介投手、高校までは全く投手をしていなかったのに、日体大に入学して投手に転向すると最速148キロを記録、140キロ台を連発しているといいます。日体大はドラフト上位候補の松本航投手、東妻勇輔投手がおり、アピールする機会は非常に少ないと思いますが、練習試合や練習に足を運んだスカウトが、黒柳投手にも目を留めるかもしれません。

愛知工業大・縄田颯投手

愛知産業大工業高校出身の縄田颯投手は182cm87kgの右腕投手で、大学1年生の時に147キロを記録しています。多彩な変化球もあり変化球が多いですが、フォームのバランスも良く、ストレートを磨けば将来が楽しみな選手だと思います。以前はプロ注目投手の多かった愛工大、再び注目されるチームになるか。

みなさまのおすすめ選手を教えてください。ドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント