今年チェックしたいドラフト候補(その2)

松下圭太, 川辺凛, 大江克哉, 谷崎龍, 齋藤央兆

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手に、凄そうな選手がたくさん紹介されています。今年、一度はチェックしたい選手をピックアップします。今日は2回目。  その1 

宮城教育大・松下圭太投手

福島高校出身の松下圭太投手は、183cm87kgから最速150キロを投げる。進学校の福島高校時代に142キロの速球を投げ、一年後輩の手塚周投手(立教大)と2枚看板として注目された。国立の宮城教育大に進んだ松下投手は、大学でも体が強くなり150キロを記録、まだ粗削りながら、東北福祉大や仙台大、東北学院大といった強豪に立ち向かう。国立大の星だけでなく、大学屈指の速球派として注目したい投手。

新潟医療福祉大・齋藤央兆投手

糸魚川白嶺高校出身の齋藤央兆投手は、184cm84kgの右腕投手で最速147キロを記録する。高校時代は1年生の夏からエースとして投げ、3年夏には140キロを記録していた。新潟医療福祉大では149キロ右腕の漆原大晟投手が注目されるが、身体の大きさで目を惹く齋藤投手にもスカウトが注目するかもしれない。

花園大学・大江克哉投手

塔南高校出身の大江克哉投手は176cm75kgの右腕投手で、最速148キロを記録する。大学2年時にはエースとして完封勝利を挙げるなど活躍をし、昨年の関西オールスターでは近畿学生リーグを相手に、148キロの速球で6回4安打無失点の好投を見せた。早くから注目されていた投手でもあり、候補として名前は挙がっている。今年は球速を150キロに乗せ、リーグ戦の優勝、そして全国へきてほしい。

京都産業大・川辺凛投手

東山高校出身の川辺凛投手は193cm86kgの長身で、地元の高校から京都産業大に進んだ京都タワーである。球速は140キロ台前半のようだが2年生の時からエース格として登板し、昨年は龍谷大を完封した。長身右腕が本格化してくれば、目を離すことはできない存在となる。

福井工業大・谷崎龍投手

福井工大福井の谷崎龍投手は192cm92kgの長身右腕で、最速は149キロを記録する。こちらはすでに大学野球選手権でも登板しており全国的にも名前が通っている投手だが、毎年好投手が出てくる福井工大だが、地理的な問題なのかなかなかプロ野球選手が出てこない。この投手は大成してほしい。

2018年度-大学生のドラフト候補リスト


PAGE TOP