東洋大・上茶谷大河投手が連投のマウンドで好投、阪神、楽天などのスカウトが評価

東洋大, 甲斐野央, 上茶谷大河

東都リーグでは東洋大が、エースの上茶谷大河投手が前日に続いて連投のマウンドに立ち、6回2安打無失点の好投を見せた。リリーフで登板した甲斐野央投手も3回を無失点に抑え、1-0で勝利して優勝に王手をかけた。

3人のリレーの予定が

前日に7回3失点で敗戦投手となった上茶谷大河投手が、この日も先発のマウンドに立った。この日はカーブを意識して投げ、「感覚がよかった」と効果的だったことを話した。6回にはこの日最速となる148キロの速球を投げ、その後に得意のスプリットで6個目の三振を奪い、6回2安打無失点6奪三振で、昨日の借りを返す投球を終えた。

当初はこのカードからベンチ入りをしている梅津晃大投手を真ん中に挟むプランだったというが、上茶谷投手が6回までを抑え、7回からはリリーフエースの甲斐野央投手が登板すると、3回をノーヒット4奪三振に抑える圧巻のリリーフを見せた。

連投は高校生以来だったという上茶谷投手は、疲労について「朝起きたときは一番やばかったけど試合が始まれば感じない。」と話した。そして、登板をしたことについて、「1回戦は本当に悔しかった。やり返せるチャンスをもらえてうれしかった」と話していた。

プロスカウト評価

この上茶谷投手の投球について、阪神の吉野スカウトは「自分の投球に専念している」と評価した。また東北楽天の長島スカウト部長は「上茶谷君は投げ方がいいので球が暴れない」と評価した。

そして長島氏は「3投手は12人で消える」と話し、上茶谷投手、梅津投手、甲斐野投手が1位指名されると予想した。

3連投も

亜細亜大の中村投手も2連投し、この日も8回を完投して5安打1失点の投球を見せた。

東洋大の杉本監督は「向こうは中村君でしょうし、僕らは上茶谷」と今日のマウンドでも上茶谷投手を先発マウンドに送る可能性を示唆した。プロでも先発投手については連投はさせない。ましてや3連投は考えられない。しかし、高校や大学では、プロ野球のように長い戦いではなく、敗れたら今季は終わりという場面が多い事も事実。プロ野球ではCSや日本シリーズの戦いが毎日行われているという感じだろう。

今日は早めに梅津投手、そして甲斐野投手への継投も考えられる。

2018年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 前日101球を投げた右腕は高校以来という連投に「朝起きたときは一番(疲れが)やばかったけど試合が始まれば感じない。昨日負けて悔しかったので“やってやるぞ”と思った」。勝ち点を取らなければ優勝がない中、29日の1回戦で7回7安打3失点で敗戦投手に。崖っ縁に立った。夜に連投を伝えられた。「左打者の内角が甘くなった」という前日の投球を修正。左が7人並ぶ亜大打線を2安打に封じた。

プロ注目の右腕2人が、優勝へ1敗もできないチームを救った。上茶谷は敗戦投手となった1回戦に続き先発。連投に「やり返せるチャンス」と燃えた。テンポよく抑えていき「意外と楽しんで投げられた」と6回無失点で自身4試合ぶりとなる5勝目。阪神・吉野スカウトは「自分の投球に専念している」と修正能力を評価した。

2日続けての先発は高校以来。当初は今カードから復帰したドラフト1位候補右腕・梅津晃大(4年)を挟んだ3イニングずつの継投プランだったが、6回2安打無失点の快投で守護神につないだ。今季5勝目を挙げ、リーグトップの亜大・中村稔に並んだ。


PAGE TOP