仙台大、稲毛田渉投手が153キロ、来年注目投手なども登板し中日、千葉ロッテなど視察

仙台大, 大関友久, 稲毛田渉, 小林快, 宇田川優希

仙台大が日本体育大とオープン戦を行い、稲毛田渉投手が153キロを記録した。また来年のドラフト1位候補・宇田川優希投手や今年のドラフト候補左腕、大関友久投手、小林快投手も登板をした。

仙台大が豪華リレー

昨日はやや曇り空の中、日体大と練習試合を行った仙台大は、超豪華リレーを見せた。先発した左腕の小林快投手は、182cmから最速149キロの速球を投げる左腕投手、この日は制球の課題が残り、4回2失点と今一つで、「立ち上がりをちょっと乱してしまって、少し配球を考えていれば」と反省をした。

そして2番手で登板した稲毛田渉投手と、3番手で投げた152キロ右腕で来年のドラフト1位候補の宇田川優希投手が快投を見せた。稲毛田投手はネット裏で球速を計測していた球速は145キロ前後だったが、デイリースポーツによるとプロのスカウトのスピードガンで153キロを記録したと報じされている。

昨日は視察をしたが、力強いフォームがあり、ストレートで2者連続三振を奪うパワーピッチングだけでなく、制球も良く、低めにも差し込んでいた。1回をノーヒット2三振の投球に、千葉ロッテ・柳沼スカウトは「球の力は持っている。また見に行こうと思います」と話した。

そして3番手で登板した宇田川優希投手がすごかった。ネット裏ので計測されていた方の球速でも149キロなど140キロ後半を記録しており、威力十分のストレートで三者連続三振を奪った。稲毛田投手の後に登板をしたが、その際に選手交代のアナウンスが2アウトを取ってから行われており、デイリースポーツが153キロと報じたのは、宇田川投手だったのではないかとも思うが、稲毛田投手よりも球威は宇田川投手の方が出ていた。

そして4番手で登板した左腕の大関友久投手も、3回で2失点をし「単調に行き過ぎた」と話したものの、186cm95kgの体から投げる最速148キロの速球は威力十分だった。4投手をそれぞれ評価していた。

この日は千葉ロッテ以外にも横浜DeNA、中日など7球団のスカウトが訪れており、仙台大の今年のドラフトトリオ、そして来年のドラフト1位候補を視察していた。宇田川投手は制球も安定しており、非常に楽しみな投手。来年は苫小牧駒大の伊藤大海投手、東海大・小郷賢人投手など注目投手が多いが、宇田川投手も十分そこに肩を並べそうだ。

稲毛田投手、大関投手は力のある左右の投手として今年のドラフトでは下位での指名がありそうで、タイプ的に好めば中位で指名する球団もありそう、また先発の小林投手は変化球、ストレートにまだ課題があるが、ここぞという所では打ち取る姿も見せていた。

仙台大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2020年度-大学生のドラフト候補リスト

連投の影響で「疲れがあった」と漏らしながら、「狙いにいった」と2者連続の空振り三振に斬った。最速は一気に4キロ更新する153キロ。「びっくりした」と驚きつつ、大台突破にはにかんだ。
先発した小林、3番手・大関の両左腕には課題が残った。小林は「立ち上がりをちょっと乱してしまって、少し配球を考えていれば」と4回2失点。自己最速となる148キロをマークした大関も「単調にいき過ぎた」と3回2失点を反省した。
3番手で1回を3者連続空振り三振の快投を披露した右腕・宇田川優希投手(2年・八潮南)を加えた“投手カルテット”でチームを支える。

今秋ドラフト候補の仙台大・稲毛田渉投手(3年・帝京)が横浜市の日体大健志台グラウンドで行われた日体大とのオープン戦で自己最速を4キロ更新する153キロをたたき出した。2番手で1回無失点。


PAGE TOP