東洋大・佐藤都志也選手が2安打、きっかけとなる勝利

東洋大, 佐藤都志也

東洋大はプロ注目捕手・佐藤都志也捕手の粘りのリードと2安打で中央大から勝ち点1を挙げた。

オープン戦は不調

佐藤都志也投手は、昨年の侍ジャパン大学代表入りし、主に外野手として強肩を見せており、昨年の東北楽天ドラフト1位・辰己涼介選手に匹敵してプロでもなかなか見られない肩を見せていた。また打撃でも2年生の春に打率.483でリーグ1位となり、昨年春には4本塁打、打率.358を記録するなど強打の選手として注目された。

しかし代表では、東海大の海野隆司捕手、立教大の藤野隼大捕手がマスクを被り、佐藤選手は外野を守っていた。打撃を生かすという事もあるが、代表の捕手のポジションを奪えなかった悔しさがあった。

そして今年は佐藤選手にとって正念場となる。東洋大は昨年春に上茶谷投手、甲斐野投手などを擁しリーグを制した。佐藤捕手もこの二人や梅津投手をリードしていた。しかしこの豪華な投手陣が抜け、今度は下級生の投手を引っ張っていく立場となる。またチームでは当然のように主将に選ばれており、打撃でも主軸を任される。そして個人的にもプロ入りという大きな目標に向けて大切なシーズン、その計り知れないプレッシャーはこれまでも多くのドラフト候補と言われる有力選手を苦しめてきた。

佐藤選手も今シーズンのオープン戦は結果が出ていなかった。4番捕手で出場し打撃もなかなかヒットが出なかった。そして自慢の強肩も肩の強さが見られる一方で、盗塁をなかなか刺せなかった。シュート回転で球がスライドしコントロールされた送球ができなかった。そして始まったリーグ戦、5番での出場となったが、雨でノーゲームとなった初戦は2打数ノーヒット、翌日の試合でも3打数ノーヒットに終わっていた。

しかしこの日、2安打を打ち「徐々に調子も上がってきてます」と話すと、リードでも松澤海渡投手、河北将太投手といった1年生投手を好リードし終盤の逆転勝利に繋げた。

もともと持っている力は素晴らしい。きっかけさえ掴めば、一昨年、昨年くらいの打撃は残しそうだし、捕手としても強肩を見せてくれるだろう。プロ注目捕手が上昇気配だ。

2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

この回2点目となる中前適時打を放った佐藤都は「点差がついてもどれだけ食らいつけるかが、チームのテーマ」と胸を張った。


PAGE TOP