プロ注目・佐藤都志也選手が今季1号、ヤクルト「間違いなく上位候補」

東洋大, 佐藤都志也

東洋大・佐藤都志也選手の打撃が上がってきた。この日は今季初ホームランを含む3安打2打点の活躍を見せた。

自分の打撃

佐藤都志也選手は、捕手や外野手として抜群の強肩が光り、また打撃でも昨年春に打率.358で4本塁打を記録し、昨年の大学代表でも主軸を任されている。しかし、今年は主将となり、4番を任され、また捕手としても上茶谷投手、甲斐野投手、梅津投手が抜けた投手陣を引っ張っていかなければならず、個人的にもプロ入りを目指すシーズンとなり、オープン戦から打撃でも捕手としてもやや悩みのようなものを感じてプレーしているようだった。

リーグ戦でもここまで打率は.286で大学のリーグ成績としては高くなく、また4番だったが打点は1、ホームランも0本だった。そこで東洋大の杉本監督が、「うちはプレーベースボール。もっと遊びなさい」と話しかけると、「自分が打たなきゃと思いすぎていた」と気が付き、「力を抜いて大きくタイミングを取って打つ」という本来の自分の打撃を取り戻した。

この日は初回に今季初でリーグ通算7本目のホームランを放つと、レフト戦への2ベースヒットなど3安打2打点の活躍を見せた。「これまで気持ちと体が一致しなかった。フリー打撃のように狙ったボールをしっかり打つ感じで、心と体を一致させて打席に立った」と話し、「今日は野球を楽しめました」と話した。

ヤクルトが高評価

この日、視察した東京ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクは「一発で仕留めた。捕手でこれだけ打てるのは間違いなく上位候補」と評価した。

佐藤選手は打撃フォームを見ると、打席で力感なく素直に立ち、スイングまでも無駄な部分が無く、技術がしっかりしている選手。打撃については、不調の時があっても、心配はないと思っていた。

ただし、こだわりを見せている捕手については、強肩も高めやサード側にそれる球が多かったりと、外野手で見せるような強肩を活かしきれていないような印象を受ける。捕ってから素早く投げるというよりは、やや貯めてから力を爆発させる感じのスローイングで、個人的には外野手としてイチロー選手や糸井選手のような強肩を見せて大成するのではないかと思っている。

そのためにも、打撃で成績を残していくことは大切で、これからも力の入っていない無駄のないフォームでヒットやホームランを見せてほしい。

2019年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
2019年度-東都大学リーグのドラフト候補リスト

視察したヤクルト・橿渕スカウトグループデスクも「(失投を)一発で仕留めた。捕手でこれだけ打てるのは間違いなく上位候補」と絶賛した。

4番が意地の1発で勝利を呼び込んだ。開幕以来、10試合で1打点。不調の主砲を目覚めさせたのは、前日、試合後の杉本泰彦監督(59)の言葉だった。「うちはプレーベースボール。もっと遊びなさい」。4番として、主将として。その重圧から「自分が打たなきゃと思いすぎていた」と振り返る。

初回、2死一塁から内角のストレートを「打った瞬間行ったと思った」とバットを放り投げ、右翼席を見ることなく一塁に向かった。昨年春以来の一発。「これまで気持ちと体(バット)が一致しなかった。フリー打撃のように狙ったボールをしっかり打つ感じで、心と体を一致させて打席に立った」と先制の2ランを振り返った。


PAGE TOP