本日開幕、大学野球選手権の下級生の注目選手

河村説人, 古川裕大, 小郷賢人, 村上頌樹, 山崎伊織, 渡部健人, 山野太一, 森伊吹, 渡辺翔太, 谷優希, 安藤優汰

今日は雨天のため神宮球場の3試合は延期となったが、東京ドームの4試合は予定通り行われる。2019年の大学野球選手権の下級生の注目選手を紹介します。4年生投手編/4年生野手編

下級生の注目選手

星槎道都大の河村説人投手は、192cmから150キロの速球を投げる。高校時代も注目され、大学は亜細亜大に進み、東都リーグでプレーをしたものの、星槎道都大に入学しなおした。まだ制球に課題があるが、長身からの迫力ある球に注目したい。富士大の神戸剛投手も190cmの身長があり、大学に入って徐々に結果を残している。

東北福祉大のエースは3年生の山野太一投手、170cmと上背はないが高校時代からの伸びるストレートが健在で球速も149キロまで伸ばしている。また、野手でも高校時代に注目された元山飛優選手が軸となる。身体能力が高く、大学日本代表合宿にも召集されている元山選手のプレーも注目したい。

東日本国際大はエースが3年生の蒔田達広投手で春5勝を挙げている。また、左腕の3年生・佐々木大輔投手も安定した投球を見せ、昨年春も活躍を見せた3年生の齋田海斗選手が今年も打点王で優秀選手に輝いた。

城西国際大は3年生の中島隼也投手がエースで春6勝、140キロ中盤のストレートと変化球を織り交ぜる。上武大の古川裕大選手はこの春に5本塁打、13打点で2冠を達成、捕手として大学日本代表合宿候補にも選出されている。創価大の中田聖太郎投手は140キロ後半の速球を投げ、杉山・小孫投手の次のエース候補として注目される。

東洋大の村上頌樹投手は今季6勝0敗、防御率も0.77と驚異的な成績を見せ、球速も149キロまで伸ばしてきた。智弁学園時代に全国制覇をしており、大学でも日本一を狙っている投手で、来年のドラフトでは目玉投手の一人となってきた。

明治大の3年生・入江大生投手は140キロ後半の速球を投げ、登板の機会はまだまだ少ないが威力ある球が注目される。また2年生の竹田祐投手は2戦目の先発を任されている実力の高い投手。

東海大の3年・小郷賢人投手は最速155キロの速球を投げるリリーフで、昨年からすでに実績も十分。来年の世代で球速NO.1となりそうで、さらなる成長も期待したい。また同じ3年の山崎伊織投手も春のリーグ戦で先発し、152キロの速球を軸に好投を見せた。明石商時代も注目された投手。

桐蔭横浜大はスラッガーの渡部健人選手が大学代表合宿に召集されている。高校時代からのフルイングからの破壊力ある打撃に注目したい。また2年生の菊地大稀投手は、登板機会は少ないののの、佐渡高校で185cmから150キロの速球を投げプロが注目した投手。

愛知工業大は3年生の新村将斗投手がエース、この春に6勝1敗の成績を挙げた。中京学院大は叺田本気選手が外野手としてプレーし、持ち前のパワフルな打撃を見せる。福井工大は2年生の谷優希投手がリーグMVPを獲得、185cm92kgの大型右腕で投球に注目したい。

立命館大は、3年生の有村大誠投手が2戦目の先発で151キロの速球を投げ、来年のドラフト注目候補の一人、ショートの福武修選手の守備も定評があり課題の打撃が向上すれば楽しみな選手。大商大は福元悠真選手、森悠祐投手など下級生にも楽しみな選手がおり、誰がベンチ入りしてくるか。

環太平洋大は2年生の安藤優汰選手が春に首位打者を獲得、183cmの外野手で走攻守そろった逸材。

福岡大は1年生が投打の軸、村上幸人投手は141キロのストレートと得意のスライダーを軸に、春のリーグ戦では優勝決定戦も含めて4勝を挙げる活躍でMVPを獲得した。また、櫻田晃生選手も1年生ながら9打点、打率.308の活躍で指名打者のベストナインに選出。ショートを守れる選手で今後は守備も期待したい。

九州産業大も1年生の渡辺翔太投手が148キロの速球を投げ、春に3勝を挙げる活躍を見せると、同じく1年生の野口恭佑選手もセンターで10試合にスタメン出場し1本塁打、8打点の活躍を見せた。また、2年生の森伊吹選手は九州を代表するスラッガー。同じく2年生の児玉亮涼選手は守備がうまく、大学代表合宿に参加する。

全日本大学野球選手権(2019)の注目選手一覧
侍ジャパン大学代表候補一覧(2019)


PAGE TOP