大学野球選手権に登場するドラフト候補選手・4年生投手編

来週の月曜日に大学野球選手権が開幕する。今年の大会に出場する選手の中で、まずは今年のドラフト候補として注目されそうな4年生の投手を紹介します。

4年生投手

今年の大学生投手のNO.1、NO.2と言われる選手が大会に登場する。

明治大の森下暢仁投手は最速155キロの速球を投げ、昨年も大学日本代表に起用されるなど活躍を見せていたが、この春にさらに成長を見せて本格化し、ドラフト1位指名確実、大学NO.1の評価を固めた。4勝1敗の成績を残してエースとして、また主将としてもチームを優勝に導き、選手として一回り大きくなった印象もある。来年はプロ野球の先発投手として10勝を期待できる。

NO.2は東北福祉大の津森宥紀投手。1年時から活躍を続けてきたリリーバーで、横から投げられる147キロの速球の威力は十分。昨年のこの大会ではチームの優勝に大きく貢献しており、大学日本代表も経験済み。今年は昨年を上回る内容として、球速では150キロを期待したい。

この二人に続くのが、創価大の杉山晃基投手となる。180cmから最速154キロの速球を投げ、リーグでは無敗の大エース。ただし、大舞台ではなかなか好投を見せられずにいる。この選手権で完封するような投球を見せられれば、NO.1の森下投手に挑戦できる素材の持ち主。

そしてもう一人、大阪商業大の大西広樹投手も、投げるたびにプロのスカウトが10人以上姿を見せる。身長は174cmだが148キロのストレートに多彩な変化球を投げ、完成度の高い投球を見せる。この春に、150キロなどすごいと思わせる球を投げてNO.1に挑戦したい。大商大は左腕の橋本侑樹投手も181cmから148キロの速球を投げる。試合では球速を抑えて変化球勝負が多いが、左腕がやや少なめの今年のドラフト候補で、その力をアピールしたい。

左腕で名前が挙がってくるのは立命館大の坂本裕哉投手。この春は5勝1敗、防御率0.84でリーグ1位となり、球速も148キロを記録した。東克樹投手がプロで新人王を獲得しており、180cmと大きさで上回る坂本投手にプロのスカウトの視線は熱い。立命館大では大学下級生時に156キロの速球を投げ1位候補と注目されていた福島滉貴投手がいるが、肩の故障もあってこの春は登板が無かった。復活をじっくりと待ちたい。

素質十分の投手

星槎道都大の渕上佳輝投手は身長は176cmだが常時145キロを超す速球を投げ、最速は150キロを記録する。エースとして1試合を支配するための変化球や制球も備えており、即戦力として評価が一気に高まる可能性がある。

上武大の西村雅暉投手は大学1年で149キロを記録し大きく期待をされた。その後、やや伸び悩みでチームの柱にはなっていないが、185cmの身長もありこれからも期待したい投手。本定史好投手も149キロの力のある球を投げる。

創価大の小孫竜二投手は150キロの速球を投げ、昨年までは安定感でエースの杉山投手よりも信頼されるようなところもあった。今年春も先発として登板をしているが、話題として伝わってくるような投球は見せられていない。望月大希投手も184cmから140キロ中盤の速球を投げ、春はリリーフ、先発で結果を見せるも、プロのスカウトが評価するような話題にはなっていない。

東北福祉大の八木彬投手は八戸学院光星時代から、時折登板して145キロのキレの良い球を投げ期待をされ続けてきた。そろそろ答えとしての投球を見せてほしい投手。

明治大の伊勢大夢投手はやや横から150キロの速球を投げる。ただしリーグ戦では2戦目の先発もなかなか任せられていない所から、課題があるかもしれないが、思い切って起用されれば結果を残せる投手だろう。

東海大の原田泰成投手も180cmから150キロの速球を投げ、森下投手に匹敵できる能力がある。この春は4年生エースとして、チーム優先の姿勢だったのか、投球内容で昨年を上回るような印象は与えなかった。この選手権ではリミッターを外した投球を期待したい。

佛教大の福森建投手は188cmから149キロの速球を投げる。故障もあり春は前半は登板が無かったが、後半に復帰登板をしており、選手権でもリリーフで登板がありそう。威力ある球をじっくりと見たい。チームでは中山怜央投手も184cmから148キロの速球を投げ、こちらは先発として期待される。

九産大の浦本千広投手は147キロのキレの良いストレートを投げ、期待をされてきた。しかし九産大の投手は4年時にやや伸び悩むような所があり、浦本投手も期待されたほどの評価には今のところなっていない。カーブ、チェンジアップなど変化球の切れも1球品で、選手権での投球を期待したい。チームでは福森耀真投手が151キロの速球を投げ、こちらは圧巻の球威を期待したい。

宮崎産業経営大の杉尾剛史投手は、147キロの速球を投げる安定感ある先発で、昨年のこの大会でもプロのスカウトが高い評価をしている。落差の大きなスライダーで三振を奪う事ができ、今年は昨年以上の成長した投球が期待される。

全日本大学野球選手権(2019)の注目選手一覧 


PAGE TOP