野手もドラフト候補目白押し、大学代表の注目選手は?

壮行試合でU18代表と対戦する大学代表は、日米大学野球でメジャー予備軍の投手から4戦目に9点、5戦目に6点を奪い、打線の繋がりが非常に良いチームになっている。

大学代表スタメンと投手リレー予想

大学代表のスタメンは、打線の繋がりが素晴らしかった日米大学野球5戦目の打順と予想される。

1 左 宇草孔基(法政大4年)
2 遊 児玉亮涼(九産大2年)
3 右 柳町達(慶応大4年)
4 二 牧秀悟(中央大3年)
5 D 郡司裕也(慶応大4年)
6 一 佐藤都志也(東洋大4年)
7 捕 海野隆司(東海大4年)
8 中 丸山和郁(明治大2年)
9 三 篠原涼(筑波大4年)

1番・宇草選手は185cm83kgの体がありながら50m5秒台の足があり、代表ではスピード感あるプレーを見せた。外野の頭を越える打球も目立ち、外野手のドラフト候補。柳町選手は東京六大学100安打を達成、広角にヒットを繰り出す。郡司選手は日米4戦目に2打席連続弾、U18代表も経験をしており、この二人もドラフト会議での指名が予想される。

そして6番の佐藤選手はファーストを守り、自慢の強肩は見せられないかもしれないが、大学屈指の打撃技術があり、身体能力は非常に高い。7番の海野捕手は大学NO.1で甲斐選手と同じくらいのセカンド送球を見せ、代表ではホームランを放つなど活躍を見せた。この二人はドラフト会議でも上位での指名が予想されている。

篠原選手はこのチームの主将で、U18代表でも主将を務めた経験がある。2番の児玉選手は抜群の足があり、代表でも抜きんでたショートの守備を見せた。3年生の牧選手、長打が多いわけではないが、確実にヒットを打ってランナーを還す信頼感で4番に選ばれている。セカンドの守備も一品。丸山選手も足が光る選手で、ベースランニングの鋭さは一見の価値あり。圧倒される。

他にも、日米大学野球では苦しんだものの、その前の代表合宿で活躍を見せ、広島2軍との試合で2本塁打を放った森下翔太選手(中央大)も注目される。森下選手は1年生で、今年のU18代表の1つ上と年齢が近く、森下選手も佐々木投手との対戦が楽しみだろう。そして東海大相模の後輩・遠藤成選手、鵜沼魁斗選手との交流も楽しみだ。

投手は先発はエース・森下暢仁が務める。2イニング程度で交代し、その後は、日米大学野球で先発を務めた早川隆久投手、そして先発控えだった村上頌樹投手と続いていきそうだ。

中盤に入ると佐藤隼輔投手、山崎伊織投手の左右の投手が登板してくる。二人とも球速は150キロを超えるが、佐藤投手は球のキレ、山崎投手は鋭い変化球を持つ。

そして終盤は吉田大喜投手、伊藤大海投手が締める。吉田投手は150キロのストレートを外角低めに集める投球の質が素晴らしく、今年のドラフト会議でも上位指名が予想される。そして伊藤投手は154キロの球を投げる3年生、真っすぐだけ投げても打たれない球質で、来年のドラフトの目玉となる。

侍ジャパンU18代表 vs 侍ジャパン大学代表


PAGE TOP