将来のソフトバンクバッテリー対決は東海大・海野隆司選手に軍配

東海大, 東北福祉大, 海野隆司, 津森宥紀

明治神宮大会の東海大vs東北福祉大の試合では、福岡ソフトバンクがドラフト2位で指名した東海大・海野隆司捕手と、3位で指名した東北福祉大・津森宥紀投手が対決した。

ストレート勝負

東北福祉大はこの日、来年のエースでドラフト候補の山野太一投手が先発をしたものの2回で4失点し、明治神宮大会代表決定戦でノーヒットノーランを達成した2年生の綱脇慧投手が2番手で登板したものの3イニングで3失点と、強打を誇る東海大に苦しい投球が続いていた。

しかし7回から登板した津森宥紀投手は違っていた。最速は144キロだったもののサイドから右バッターのインコースに食い込む真っすぐを軸に7回、8回をノーヒットに抑えた。東海大の大学代表捕手で福岡ソフトバンクのドラフト2位で指名された海野隆司捕手に対してもストレートで攻めた。

海野選手も「変化球で来るのは分かっていました。リーグ戦では、直球を打つことが多かったので」と第4打席までは変化球で攻められていたものの、ストレートで攻めてきた津森投手について、「津森は、そういうやつ。直球で来るだろうと」と話し、真っすぐ勝負を予想していた。「代表でもバッテリーを組んでいるので、球が速くて、動くし、暴れることも頭には入れてました。それでも刺されました。」と讃えた。

試合は8-8の9回、東北福祉大がサードの落球から始まり、一塁手、二塁手のエラーが続けて起こり、そして最後は津森投手の一塁悪送球でサヨナラで敗れたが、津森投手は2回2/3を投げてノーヒット6奪三振無四球という素晴らしい投球を見せた。「あの場面なので、絶対に抑えてやると思いました。最後の結果に対しては、仕方がない。お互いを知っているし、バッテリーも何回も組んだことがある。1年目から2人で1軍に行きたい」と、来年はバッテリーになる海野選手との活躍を誓った。

海野選手も「打てたわけじゃないですから。でも周りから期待される中で楽しかった。改めて良い投手だと思った。バッテリーを組みたいですね」と話す。来年は大学代表バッテリーがソフトバンクで暴れてくれそうだ。海野選手は甲斐捕手と戦い、津森投手は甲斐野投手などとリリーフの枠を争う事になるが、二人ともそのポジションを奪う力を十分持っていると思う。

明治神宮大会(2019)大学の部の出場チームと注目選手
2019年ドラフト会議、指名選手一覧

来季からソフトバンクでチームメートとなる2人の対決は同点の9回1死二塁で訪れた。津森と対峙(たいじ)した海野は「こんなチャンスで来るとは」と苦笑い。津森に食らいつき、8球目、三塁へはじき返した。一塁を全力で駆け抜けると、一塁手の足が離れセーフ。サヨナラ勝ちにつなげた。「なんとなく真っ向勝負で来ると思った。(球が)速いし、動くし、暴れる。頭に入っていたが差し込まれた」。5球目まで直球。追い込まれながらも粘った。

試合には勝ったが、勝負には敗れた海野。津森との対戦は、3年春のオープン戦以来だった。「代表でもバッテリーを組んでいるので、球が速くて、動くし、暴れることも頭には入れてました。それでも刺されました。(プロで)バッテリーを組みたいですね」と率直に振り返った。

津森も「あの場面なので、絶対に抑えてやると思いました。最後の結果(一塁手の失策)に対しては、仕方がない。お互いを知っているし、バッテリーも何回も組んだことがある。1年目から2人で1軍に行きたい」と、海野との対戦を振り返りつつ、未来に思いをはせた。


PAGE TOP