早大新人が練習初参加、習志野・飯塚脩人投手「4年間頑張ってプロに」

大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

早稲田大はこの日、アスリート選抜で合格した習志野の151キロ右腕・飯塚脩人投手、履正社の清水大成投手、東邦の熊田任洋選手、山梨学院の野村健太選手が練習に参加した。

4年間頑張ってプロへ

習志野高校で151キロの速球を投げ、昨年のセンバツで準優勝し、またU18代表でも抑えの切り札として、西投手などに勝るとも劣らないストレートを投げていた飯塚脩人投手は、ともに投げた奥川投手、佐々木投手、西投手、宮城投手が昨年のドラフト1位指名されてプロ入りしており、プロ志望をしていれば上位指名どころか1位指名の可能性もあった。

しかし、佐々木投手、奥川投手について「2人は持っているものが違う。別格。努力だけじゃ追いつけないと思った。」と話し、二人との体の違いを感じた事、そして「僕の体力不足を小林先生もわかっていて短いイニングでの起用だったと思う。期待に応えられなかった悔しさはある。メンタル、スキルを磨きたい」と話し、体力不足で高校では先発があまりできなかった事で自分を見つめなおし、大学で4年間鍛える道を選択した。

それでも「努力して一歩でも近づけたら。4年間頑張ってプロに行きたい」と4年間で体力をつけて体も大きくし、今の最速151キロをさらに伸ばして4年後のプロ入りを目指すと話した。この日、練習に参加し「体つきが高校生とまったく違う。すごいと思った。早川さんはオーラがすごかった」と早川隆久投手の投球に注目していた。

小宮山監督も「本人の希望を聞くが最終的にはプロに行きたいだろう。4年になるまでに長いイニングを投げられるようにしたい。1イニングなら今でもぴしゃっと抑えられる」と4年後には先発の柱として投げられるようにすると話した。現時点でもドラフト1位だったと思う。4年後もドラフト1位で指名される投手になってほしい。

また、左から145キロの速球を投げ、昨年夏の甲子園で優勝に貢献した履正社の清水大成投手だが、決勝の星稜戦で7回途中で降板し優勝投手になれなかった事を悔しがる。「大学でも日本一になりたいし、その時はマウンドに立っていたい。」と話し、球速を147~148キロくらいに上げ、分かっていても打たれないストレートを投げられるように」と話した。

清水投手は昨年5月ごろに小宮山監督に入学を勧められ、「早大一本で進学しようと心に決めた」と進学を決めていたという。履正社でチームメイトだった井上選手がドラフト2位で阪神入りしたことで、「自分も負けないように頑張っていきたい」と話した。

またU18代表でショートでプレーした熊田任洋選手も、チームメイトだった石川選手がドラフト1位でプロ入りをしており、「石川の打撃を見て、自分はレベルに達していないと思いました」と大学進学を決めた。「神宮で見に来てくれる人を魅了出来るようになりたいです。守備範囲、バットコントロールは強みだと思うので、練習でアピールしたい。早稲田と言えば熊田だと思われるような存在感を出せるようになりたい」と話し、こちらも4年後に石川のいる舞台に立つことを目指す。

山梨学院で高校通算53本塁打を放ち、山梨のデスパイネと呼ばれた野村健太選手は、「本塁打記録は塗り替えたい。最多は高橋由伸さんです。24本ですか?」と話した。実際には高橋選手の記録は23本だが、山梨学院の野球部を引退後も毎日練習を続けており、体重は夏より4kg増の97kgとなったという。小宮山監督も「動けるなら、どんな体でもいい。デスパイネだよ」と話した。

左右のエース級投手にU18代表の遊撃手、そしてプロも注目した右の大砲を獲得した早稲田大、少数精鋭で東京六大学制覇を目指す。

早稲田大がスポーツ推薦合格発表、習志野・飯塚脩人投手、東邦・熊田任洋選手など4人合格
早稲田大は2020年度のアスリート選抜入試の合格者を発表し、習志野の150キロ右腕・飯塚脩人投手や、U18でショートを守った東邦の熊田任洋選手など4人が合格した。

日本代表のチームメートだった奥川(現ヤクルト)、佐々木朗(現ロッテ)は一足先にプロ入り。「2人は持っているものが違う。別格。努力だけじゃ追いつけないと思った。でも努力して一歩でも近づけたら。4年間頑張ってプロに行きたい」と力を込めた。

昨年の5月頃、小宮山悟監督(54)に入学を勧められてから「早大一本で進学しようと心に決めた」という清水。同監督は「行きたいという思いを持ち続け、選手権大会を優勝するまで頑張ったのはすごい」と“ワセダ愛”を貫いた姿を絶賛した。

東邦の同期には、中日ドラフト1位の石川がいる。「石川の打撃を見て、自分はレベルに達していないと思いました」と、高校からのプロ入りは断念。大学で何回りも大きくなって、4年後のプロ入りを目指す。

引退後も、ほぼ毎日トレーニング。トラックのタイヤ引き50メートル×10本を自らに課し、両太ももはパンパン。昨夏より4キロ増の体重97キロとなり「下半身が安定しました」。小宮山監督も「動けるなら、どんな体でもいい。デスパイネだよ」と期待を寄せた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント