創価大3年左腕・鈴木勇斗投手が148キロで9回12奪三振完投勝利、楽天スカウト評価

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

創価大の来年のドラフト候補左腕・鈴木勇斗投手が、148キロの速球を軸に9回156球を投げて完投した。

スポンサーリンク

8回に最速を記録

鈴木勇斗投手は最速149キロのストレートと、スライダー、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球を投げる左腕投手で、来年のドラフト候補の1人。

この日の国際武道大戦では、9回まで156球を投げて4安打12奪三振3失点で完投勝利を挙げた。序盤は「直球頼りになってしまった」と変化球が制球できずに苦労したが、5回にフォームを修正するとコントロールが落ち着き、後半は変化球でカウントを取れるようになった。

スタミナも十分だった。この日の最速となる148キロを記録したのは8回で、その8回は2つの三振を奪うと、9回も2奪三振で締めた。「疲れはあまり感じたことがない」と話す。

岸監督は「自信をつけたと思う。ウチの左腕では、この大会で八木がブレークしたのを思い出すね」と話し、創価大から2005年の希望入団枠で日本ハムに入団し、1年目に12勝を挙げた八木智哉投手(現中日スカウト)と比較をした。またこの日、視察をした東北楽天の鷹野スカウトは「強い球があってスタミナも十分。左の先発として楽しみ」と評価した。

172cmの149キロ左腕は、来年のドラフト戦線のダークホースになりそうだ。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

来年のドラフトに向け、楽天の鷹野スカウトは「強い球があってスタミナも十分。左の先発として楽しみ」と評価した。

圧巻だったのは終盤だ。「疲れはあまり感じたことがない」とスタミナに自信を持つ左腕は8回に自己最速まであと1キロに迫る148キロを計測し、2三振を奪うと、球数が140球を超えた9回も球威は全く落ちず、またも2三振を奪って試合を締めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント