早稲田大・西垣雅矢投手「絶対にプロ」、徳山・岩本バッテリーもプロ一本

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

早稲田大が5日、グラウンドで新年の初練習を行った。注目右腕の一人・西垣雅矢投手は「絶対にプロに進みたい」と話した。プロ一本と話す徳山壮磨投手、岩本久重捕手もそれぞれ目標について話した。

スポンサーリンク

絶対にプロ

西垣雅矢投手は報徳学園時より、伸びのある球を投げる投手としてプロが注目している。早稲田大では2年春に2勝2敗の成績を残し現在は通算6勝3敗、先発の一角として投げている。今年、エースの背番号は徳山壮磨投手に与えられ、悔しい思いをしたが、今年の目標は徳山と両輪となり優勝に貢献すること。」と話した。

また、「個人的には、絶対にプロに進みたい」と話し、強いプロ志望を明らかにした。報徳学園の大先輩・大谷智久投手が昨年まで千葉ロッテでプレーをし、今年から千葉ロッテの育成投手コーチに就任するが、35歳まで現役を続けた事に、「報徳でも練習態度がすごかったと聞いています。そういう方が、プロでも長く活躍されるんだと感じました。見習いたいです」と話した。

「5回を超えて、3巡目でつかまるケースが多かった。9回を投げられる体力と技術をつけたい」と話し、昨年の課題を挙げた。今年は、最後まで投げられる投球を目指し、体づくりと共に投球フォームの改善を行っている。春のリーグ戦でどんな投球を見せてくれるか注目したい。

二人でプロ

早稲田大では、昨年末に早稲田大、徳山壮磨投手・岩本久重捕手がプロ一本宣言で報じられているように、エースに指名された徳山壮磨投手、岩本久重捕手もプロ志望を明らかにしている。この二人は大阪桐蔭からバッテリーを組んでおり、「2人でプロとずっと言ってきた。悔いが残らないよう力を出し切りたい」と話す。

年末に大阪桐蔭の後輩に会い、1年後輩の藤原選手(千葉ロッテ)から「徳山さん、待ってます」と言われたと話し、その思いはさらに強くなる。コンスタントに150キロ前後を投げるようになれば、プロ入りの可能性は高くなる。

また岩本捕手も「チームとしては日本一。個人としては走攻守でレベルアップして、いいアピールをしたい」と話す。昨秋は打率.182と不振だったが、「打撃で迷惑をかけた。3冠王が獲れるようにやっていく」と意気込みを見せた。食らいつき、崩されても外野の頭を越える打球を打つ力があるが、崩されずにしっかりと捉えてスタンドに運ぶ打撃をみたい。

2021年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
早稲田大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。1月17日のスポーツ報知のリストを反映しました。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。

早大・西垣雅矢投手(3年=報徳学園)がプロ志望を表明した。5日、東京・東伏見のグラウンドで新年の練習を開始。今年の目標として「優勝に貢献すること。個人的には、絶対にプロに進みたい」と宣言した。

さらに大阪桐蔭高時代の2017年春の甲子園優勝投手でもある徳山は、昨年末、その母校・大阪桐蔭で後輩たちに会い、「(1年後輩の)藤原(現ロッテ)に、『徳山さん、(プロで)待ってます』といわれたし、ドラフト1位で指名されるように、春からがんばりたい」と刺激され、強い意欲を表した。

強肩強打の捕手として今秋ドラフト候補に挙がる4番の岩本は「チームとしては日本一。個人としては走攻守でレベルアップして、いいアピールをしたい」とプロ入りを見据えた。昨秋は打率・182と不振に陥ったことから「打撃で迷惑をかけた。3冠王が獲れるようにやっていく」と言葉に力を込めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント