大商大・福元悠真選手「プロ一本と考えている」、花村凌投手もプロ注目

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

大阪商業大のドラフト候補・福元悠真選手と花村凌投手がこの日、今年の目標について話した。

スポンサーリンク

プロ一本

福元悠真選手は、昨年秋の近畿大学選手権で特大のホームランを放ち、大学生スラッガーのトップクラスとして注目される。先日、始動時の報道があったが、この日は、「プロ1本で考えている。指名いただけなかったら、野球を辞めるくらいの覚悟でやる」とプロ入りへの強い思いを口にした。

高校時から注目されているスラッガーの指名が注目される

大商大・福元悠真選手が始動、佐藤輝に続く右のスラッガー
大阪商業大の福元悠真選手が、チームの始動日の2日前の1月3日に、グラウンドで本格練習をスタートさせた。

また、大商大では花村凌投手も注目される。170cm60kgと小柄な左腕投手で、最速は143キロだが、2400回転の回転の良いストレートは切れ味十分。スライダー、チェンジアップなどの変化球もキレがよく、リーグ戦ですでに9勝を挙げている。

花村投手は「プロは野球を始めた頃からの夢」と話す。小柄な投手でも指名され、ヤクルト・石川投手のようにプロで活躍する投手もいる。今年はまずは145キロを突破し、150キロを突破してくれば、スカウトの視線も変わってくるだろう。そしてリーグ戦では、通算で18勝まで勝ち星を伸ばしたい。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
大阪商業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

同じく今秋ドラフト候補の福元悠真外野手(3年=智弁学園)は「プロ1本で考えている。指名いただけなかったら、野球を辞めるくらいの覚悟でやる」と意気込みを示した。新型コロナウイルス感染拡大のため中止となった昨春リーグ戦をはさみ、4季連続の優勝。そして悲願の日本一へ。投打の軸が躍動する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント