創価大の152キロ左腕・鈴木勇斗投手が始動、「目指すはドラフト1位」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

創価大の152キロ左腕・鈴木勇斗投手がこの日、創価大のグラウンドで始動した。秋の関東大学選手権で152キロを記録する好投を見せ、今年のドラフト1位指名を目指す。

スポンサーリンク

あの大会で

鈴木勇斗投手は、「あの大会で、自分の名前を大きく出すことが出来ました。」と話した。昨年秋の関東大学選手権大会で、国際武道大戦で12奪三振で完投勝利を挙げると、上武大戦では最速152キロを記録し、注目を集めた。「自信になった。去年の春はドラフトにかかったらいいなぐらいだったが、今目指すのはドラフト1位と思っている」と話し、目標を上方修正した。

そして、「今年は注目される立場ですが、プレッシャーのなかでも自分のプレーができるように。目標はリーグ戦を優勝して日本一。誘ってくれた監督に恩返しがしたいです」と話す。そして、「変化球の精度を高め、1位指名を目指します」と話した。

昨年のドラフト会議では、早稲田大の早川隆久投手だけでなく、法政大の鈴木昭汰投手、東北福祉大の山野太一投手、天理大の森浦大輔投手、そしてNTT東日本の佐々木健投手、JR東日本の伊藤将司投手など、即戦力左腕投手の上位指名が目立った。

今年も筑波大の佐藤隼輔投手、法政大の山下輝投手といった左腕投手が注目されており、その二人を狙いながら、鈴木投手もマークするような動きが予想され、ドラフト上位で指名される可能性も十分考えられる。

創価大は長年チームを率いた岸監督が勇退され、堀内監督の率いる新チームとなる。エースとして頼れる投球で信頼を得て、大学野球選手権でその投球を全国にアピールしたい。

2021年注目の大学生のドラフト候補~投手編~
2021年の注目の大学生投手のドラフト指名予想をしてみます。
2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

新チームの大黒柱として期待されているのが、最速152キロ左腕の鈴木勇斗投手(3年=鹿屋中央)だ。関東地区大学選手権では3試合に登板し、防御率1・08で敢闘賞に選出された。「あの大会で、自分の名前を大きく出すことが出来ました。今年は注目される立場ですが、プレッシャーのなかでも自分のプレーができるように。目標はリーグ戦を優勝して日本一。(自分を創価大に)誘ってくれた監督に恩返しがしたいです」。進路の希望はプロ一本。「変化球の精度を高め、1位指名を目指します」と力強く宣言した。

米大リーグ、ドジャースのサイ・ヤング賞左腕、カーショーばりの2段モーションがはまり、昨年11月の関東選手権では国際武道大戦で12奪三振完投、上武大戦で最速152キロをマークするなどブレークした。
 「自信になった。去年の春は『ドラフトにかかったらいいなぁ』ぐらいだったが、今目指すのはドラフト1位と思っている」
お探しのページが見つかりません : 日刊スポーツ
今秋ドラフト候補 創価大・鈴木勇「目指すなら1位」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東京新大学野球リーグの創価大が9日、八王子市の同大グラウンドで始動。昨秋の関東地区大学選手権でチームを準優勝に導いた最速152キロ左腕の鈴木勇は「上位(指名)を狙える力がついてきた。目指すなら1位。頑張っていきたい」とプロ志望を明かした。
大学野球・創価大練習始め 駅伝に負けじ、今秋ドラフト候補・鈴木「結果出さないと」
 東京新大学野球の創価大は9日、東京・八王子市の創価大ワールドグラウンドでの初練習後に堀内尊法(たかのり)監督(52)と今秋ドラフト候補の最速152キロ左腕・鈴…
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント