白鴎大・中山誠吾選手と日大・峯村貴希選手が対戦、楽天スカウト部長が「体は大きいが動ける」と評価

社会人野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース

白鴎大と日大がオープン戦で対戦し、中山誠吾選手と峯村貴希選手の大型遊撃手が相まみえた。

スポンサーリンク

ベース上で並び

白鴎大の中山誠吾選手が190cm97kgの大型遊撃手、また日大の峯村貴希選手も186cm86kgの大型遊撃手で、ともに「意識しました」と相手を見ていた。

白鴎大は今年初実践だった。中山選手が2回、先頭で打席に入ると「最初から思い切りいこうと。カーブか、スライダーか、変化球で入ってくると思いました」とセンター前に落とすヒットを打ち、4回にもレフト前へヒットを打った。

第3打席は変化球を待ってのストレートを右中間へ弾き返すと、攻守に阻まれてセンターフライ担ったものの、「反応であそこまで飛ばせました。越せないのは技術不足ですが、追い込まれてから変化球に対応する練習をしてきました。その中で、直球にも対応できました」と話した。

この日は東北楽天の後関スカウト部長が視察をしたが、中山選手について「体は大きいが動ける。スローイングも悪くない。打撃は振れる魅力がある。インコースの球にも肘をうまくたたんで打っていた。対応力がありそう」と話し、大型遊撃手として高く評価をした。

一方、峯村選手は5回に代打で出場すると、ノーアウト1,3塁の場面でセカンドゴロで1点を奪い、50m6.0秒の足で盗塁を決めた。「行けたら行こうと思ってました」と話した。

二塁ベース上で中山選手が「足速いね」と声をかけた。木更津総合時代から大型遊撃手として注目された峯村選手に、青藍泰斗でショートを守っていた中山選手は「高校から比べられていた」と話した。そして「同じポジション。よきライバル。大舞台やジャパンで、また比べられたら。負けたくありません」とライバルに視線を送った。

対する峯村も「2安打。負けられません。スケールも同じ。ライバル視してます」と話し、ともにドラフト候補として注目され、この日2安打を打った中山選手を意識した。

今年は遊撃手のドラフト候補が多いが、その中で抜きん出た存在という選手がいない。スカウトは、関西大・野口智哉選手、セガサミー・中川智裕選手、Honda・檜村篤史選手、JR四国・水野達稀選手などをチェックし、プロで攻守にやれるという選手を選びたいと考えていると思う。

この日はHondaが日体大とオープン戦を行い、峯村選手の高校時の先輩である檜村選手が1安打1盗塁を記録している。遊撃手のドラフト候補の中で、誰が秋のドラフト会議で高く評価される所に残っているか、注目したい。

2021年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

楽天後関スカウト部長(白鴎大・中山に)「(遊撃守備は)体は大きいが動ける。スローイングも悪くない。打撃は振れる魅力がある。インコースの球にも肘をうまくたたんで打っていた。対応力がありそう」

2年目で今秋のドラフト候補に挙がる檜村は「6番・遊撃」で出場して3打数1安打、1盗塁。7回に痛烈な左前打を放ち「冬に体重移動を意識したフォームに改良した。強い打球が打てるようになった」と手応えを口にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント