創価大・鈴木勇斗投手が3回4K、3球団視察しロッテスカウト「これから見ていきたい」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース

創価大の152キロ左腕・鈴木勇斗投手が桜美林大との練習試合で登板し、3回1安打4奪三振1失点の投球を見せた。この日は千葉ロッテなど3球団が視察をしている。

スポンサーリンク

147キロ

この日は3回で3四球を与え、味方のエラーなどもあり1点を失ったものの、最速は147キロを記録し、チェンジアップを多めに投げて4三振を奪った。鈴木勇斗投手は「変化球と直球も外角のサインが多く、内角にいい球が少なかった。チェンジアップはちょっと感じがつかめたけど、3回はもう少し真っすぐ中心でいった方がいいかなと思って投げた」と話した。

この日は3球団のスカウトが視察をしたたが、千葉ロッテは榎チーフスカウトが視察、「鈴木は昨秋の関東地区選手権で活躍したし、これから、リーグ戦も見ていきたい」と話し、これからも追い続けていくと話した。

今年の大学生左腕投手は、筑波大の佐藤隼輔投手がドラフト1位指名確実と注目される。他にも法政大の山下輝投手も昨夏のリーグ戦で高校時から評価をされていた実力を見せ始めた。他にも関西学院大・黒原拓未投手、西日本工業大の隅田知一郎投手などの力のある投手がいるが、鈴木投手は佐藤投手、山下投手に次ぐ位置にいるのではないかと見られ、ドラフト会議では左腕が欲しい球団が2位までに指名する可能性もある。

力のあるストレートをリーグ戦で見せて、アピールを続けたい。

2021年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋のドラフトで、左腕では、最速151キロの筑波大・佐藤隼輔投手(3年)に注目が集まることが予想されるが、ロッテ・榎チーフスカウトは、「鈴木は昨秋の関東地区選手権で活躍したし、これから、リーグ戦も見ていきたい」と話した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント