東北福祉大が全日本大学野球選手権出場、椋木蓮投手が152キロ記録

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

仙台六大学リーグでは、1勝1敗で迎えた東北福祉大vs仙台大の3回戦が行われ、東北福祉大勝利し全日本大学野球選手権出場を決めた。153キロ右腕・椋木蓮投手が152キロを記録した。

スポンサーリンク

2失点

試合は1-1の6回に東北福祉大が1点をリードすると、7回にも2点を追加して4-1とする。先発した綱脇慧投手が3回無失点、坂根佑真投手が3回1失点、7回からは3年の細川拓哉投手が1イニングを無失点に抑えると、三浦瑞樹投手が8回を無失点に抑え、9回には153キロ右腕の椋木蓮投手が登板した。

椋木投手は最速152キロの速球を投げたものの、1点差に追い上げられる2ランホームランを許した。それでも後続を2者連続三振、最後は150キロの球で空振り三振を奪い逃げ切った。

今季は注目されたものの、このカードでも先発した初戦に5回9安打6失点など、思うような投球が出来なかった。この日もリリーフで2失点し悔しさも有ると思うが、「全国の舞台で自分の名を売りたい」と選手権でのアピールを誓った。

2021年度-大学生投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-仙台六大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

4―1の9回に今秋ドラフト上位候補のエース右腕・椋木(むくのき)が登板。2ランを被弾するも自己最速に1キロに迫る152キロを計測する力投で2三振も奪った。

 35度目の出場となる全日本大学野球選手権(7日開幕、神宮ほか)に向け「全国の舞台で自分の名を売りたい」と活躍を誓った。

東北福祉大6季連続V プロ注目の椋木が胴上げ投手 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東北福祉大が6季連続で頂点に立った。初回、先頭打者の斎藤育輝内野手(4年=仙台育英)が左翼線を破る二塁打でチャンスメーク。続く中坪将麻外野手(4年=明徳義塾)… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
東北福祉大が6季連続74度目の優勝 仙台大との激戦制し35度目の選手権へ 仙台六大学L - スポニチ Sponichi Annex 野球
 仙台六大学野球春季リーグ戦の優勝決定戦で東北福祉大が仙台大を4―3で下し、6季連続74度目の優勝。全日本大学野球選手権(6月7日開幕、神宮ほか)に35度目の出場を決めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント