関西大・久保田拓真選手が3本塁打、15打点で二冠、8球団12人のスカウト視察

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

関西学生リーグは最終戦となる近大vs関大の試合が行われ、1シーズン17打点の連盟記録を狙った関西大の久保田拓真選手が4番一塁で出場したが、ノーヒットに終わり記録更新はならなかった。

スポンサーリンク

二冠

4番ファーストで出場した久保田拓真選手は3打数ノーヒット、1四球に終わり、今シーズンは3本塁打、15打点の二冠に輝いた。17打点のリーグ記録更新はならなかった。

それでも今季は3試合連続ホームランを放ち打撃が開花、「フルスイングではなく、軽く振ってもボールが飛ぶことがわかった」と話す。そして秋について、「ヒットを打つ確率を上げて、今季は超したい。この結果がたまたまじゃないことを証明するためにも、夏にしっかり準備したい」と話した。

この日は8球団12人のスカウトが視察をしている、飛ばせる捕手として中日の木下捕手と比較される久保田選手、この春に評価を挙げたのは間違いなく、秋はプロ入りをかけたシーズンとなる。

2021年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

それでも今季は、二岡智宏(巨人3軍監督)、佐藤輝明(阪神、ともに近大)らに並ぶ新リーグタイ記録の3試合連続本塁打を放つなど、リーグ首位の15打点をマークした。「軽く振るイメージで力みがなくなった。長打が打てることが分かった。ヒットを打つ確率を上げて、今季(の成績)は超したい」と今秋のリーグ戦でプロ入りへ最後のアピールをすることを誓った。

関大・久保田拓真の新リーグ打点記録更新はならず 関西学生野球 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補に挙がる関大の久保田拓真捕手(4年=津田学園)は最終戦に「4番・一塁」でフル出場し、3打数無安打1四球。今季15打点のままとなり、柳田一喜(立命大=現パナソニックコーチ)が08年秋にマークした17打点の新リーグ記録更新はならず「(頭には)なかったです。勝てなかったのは残念だった」と話した。
関大・久保田は3打数無安打 リーグ記録1季17打点に届かず 秋へ「確率上げたい」/デイリースポーツ online
 「関西学生野球、近大5-2関大」(31日、ほっともっとフィールド神戸) ドラフト候補の久保田拓真捕手(4年・津田学園)はこの日3打数無安打に倒れ、今季のリーグ戦を終えた。新リーグ記録タイとなる1シーズン17打点まであと2としていたがわずかに及ばなかった。
ドラフト候補の関大・久保田拓が“2冠” リーグ最多3HR、16打点 - アマ野球 : 日刊スポーツ
関大の今秋ドラフト候補久保田拓真捕手(4年=津田学園)が“2冠”に輝いた。8球団12人のスカウトが視察する前で3打数無安打だったが、3本塁打と16打点はリーグ… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント