ドラフト指名の大学スラッガー「川村」対決は、国学院大の川村啓真選手に勝負あり

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

今年の大学生外野手のスラッガーとして注目された、国学院大の川村啓真選手と仙台大の川村友斗選手、ドラフト会議では川村友斗選手が福岡ソフトバンクの育成ドラフト2位で、川村啓真選手が埼玉西武の育成ドラフト4位で指名された。

スポンサーリンク

川村対決

共に右投げ左打ちの外野手で、記事を読む時にも、「あれ、どっちの川村だっけ」と間違いそうにもなった今年のドラフト候補の川村友斗選手と川村啓真選手、この日はその両者が対戦する試合が行われた。

仙台大の4番レフトで出場した川村友斗選手が先手を取る。4回に神宮球場にライトスタンドに放り込み、川村啓真選手の本拠地にホームランを叩き込んだ。

試合はその得点などで2-0で進んだ。しかし8回、満塁のチャンスで川村啓真選手が、走者一掃のセンターオーバーの3塁打を打ち、逆転勝利をした。仙台大の友斗選手は3打数1安打1打点、国学院大の啓真選手は5打数2安打3打点だった。

共にパ・リーグの育成ドラフト指名となった。まずはファームのリーグはイースタンとウエスタンで別々となるが、将来は支配下登録を勝ち取り、左のスラッガーとしてパ・リーグの同じ舞台で、この日の再戦をみたい。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。
【2021年 明治神宮大会】2日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会2日目の高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。

逆転打を放った川村は「打ったのは真っすぐ。(カウント)2ボールからだったので、速い球に合わせていこう、変化球でも打てる変化球だと思っていた。チャンスがあれば日本一と思ってやっていきたい」と力強く話した。

西武から育成ドラフト4位指名を受けた2番・川村が、1点を追う8回1死満塁から中越えに走者一掃の適時三塁打。「後半勝負と言っていたので、それが形になってうれしい」と喜んだ。中1日で迎える九産大との準々決勝に向け「当たり前のことをやっていけば良い結果がついてくる」と力強かった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント