ソフトバンクのドラフト2位指名、慶大・正木智也選手が逆方向へホームラン、永井編成部長「ポジション争いおもしろくなる」

大学野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース

福岡ソフトバンクがドラフト2位で指名した慶応大の正木智也選手が、明治神宮大会の東農大北海道戦で、逆方向のライトへ会心のホームランを放った。

スポンサーリンク

ソフトバンク編成部長「右打者というのも大きい」

正木智也選手は2回、外角の138キロのストレートを逆方向に運ぶと、打球はぐんぐん伸び、ライトスタンドの真ん中まで届くホームランとなった。「感触は完璧。こういう場面で打ててうれしい」と話した。

ライトへのホームランに、「逆方向への本塁打は、4年間ずっと目標にしていた。右中間には打ったことがあるが、ライトの上は初めて」と話す。強打者のステップとして、最終的に逆方向に打てるかどうかというのもあるが、学生の間にそれをクリアした。

正木選手はこの秋、右の大砲としてドラフト候補として注目されていたものの、リーグ戦ではホームラン0本、打率も.206と低迷していた。しかし、リーグ戦終了後に、「インサイドアウトを徹底してやって、右方向に長打が出るようになっていると感じていた」と話す。オープン戦で調子を取り戻していた。

この日は、ドラフト2位で指名した福岡ソフトバンクの永井編成育成本部長兼スカウト部長が視察をしたが、「いい本塁打だったね。広角に長打が打てる魅力をあらためて見せてくれた。」と喜んだ。

そして、「ポジション争いは面白くなるんじゃないかな。右打者というのも大きい」と話す。福岡ソフトバンクは柳田選手、栗原選手の2枚が外野のレギュラーとして存在感が大きいが、共に左打ちの選手で、もう一枠は右の選手がいるとバランスが良い。上林選手、柳町選手、真砂選手、佐藤直選手などライバルがいるが、右は真砂選手、佐藤選手がいる。

大学NO.1外野手として注目されたが、ドラフト会議ではブライト健太選手にNO.1の座を譲った。まずはこの明治神宮大会で優勝し、プロでも1年目から長打力を武器に活躍を目指したい。

2021年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【2021年 明治神宮大会】2日目の対戦カードと注目選手一覧
明治神宮大会2日目の高校の部、大学の部の対戦カードと注目選手を紹介します。
2021年ドラフト会議、指名選手一覧
2021年のドラフト会議は10月11日に行われ、支配下ドラフトが77人、育成ドラフトで51人の、合わせて128人が指名されました。

スタンドでは2位指名したソフトバンクのスカウト陣も見守った。担当の山本スカウトは「結果が出なくて試行錯誤してきたのを見ていた。プロでも、そういう積み重ねが大事」と期待をこめた。

ソフトバンク2位の慶大・正木が先制弾「完璧でした」年間4冠へ初戦突破 - アマ野球 : 日刊スポーツ
史上5校目の年間4冠(春・秋リーグ戦、全日本大学選手権、明治神宮大会)を目指す慶大が、7回コールドで初戦を突破した。ソフトバンク2位指名の正木智也外野手(4年… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
慶大、正木と広瀬のアベック弾 東農大北海道オホーツクにコールド勝ち/明治神宮大会
明治神宮大会第2日(慶大7x-0東農大北海道オホーツク=規定により七回コールド、21日、大学の部準々決勝、神宮)慶大(東京六大学)は、二回にソフトバンクから2位…
慶大4強進出 ソフトバンク・ドラ2正木「目標にしていた」逆方向へ本塁打 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 大学の部では連覇を狙う慶大が東農大北海道オホーツクを7回コールドで下し4強入り。ソフトバンクのドラフト2位・正木智也外野手(4年)が決勝の右越えソロ本塁打を放った。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント