156キロ右腕・東洋大の羽田野温生投手は「160キロが目標」

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

東洋大がグラウンド開きを行い、156キロ右腕の羽田野温生投手は、今年の目標について話した。

スポンサーリンク

160キロを出すのが目標

羽田野温生投手は188cm92kgの体から最速156キロの速球を投げる。汎愛高校時代からプロが注目していたが、東洋大で球速が伸び、現時点で大学NO.1の球速を誇る。

今年の目標について聞かれると、「1部に昇格して秋で優勝を。個人としては大きな目標としてプロ入りがあります。春、秋とチームの勝利につながる結果を出したい」と話し、プロ入りまでのプランを示した。

杉本監督は「あれだけの身長があって、脚力がある。160キロ出ます。出たからなんだっていう話かもしれませんが、プレッシャーは与えられる」と話す。これだけの体がありながらも50mを6.1秒、100mを11秒台で走るという身体能力に、160キロマークを確信し、上茶谷・梅津・甲斐野よりも上と話す。

羽田野投手も「大学在学中に160キロを出すのが目標です」と、160キロ到達に本気で、冬は柔軟性の向上のために10種類のストレッチメニューを1時間みっちり行っているという。

抑えでの登板が予定されており、「最後に自分が締めるのが役目になる。どんどん押していくタイプなので、全力で1イニングを投げ抜きたい」と話す。リリーフで登板し160キロに近い速球で相手を抑える甲斐野投手のような投球を期待したい。

2022年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東洋大・羽田野「160キロ出ます」と監督 排気量は上茶谷、甲斐野ら以上 - アマ野球 : 日刊スポーツ
東都大学リーグ2部の東洋大が10日、埼玉・川越市内の同大学で、グラウンド開きを行った。身長188センチ、体重92キロの最速156キロ右腕で、今秋ドラフト候補の… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

大台の160キロも夢ではない。杉本泰彦監督(62)は潜在能力の高さを評価する。「あれだけの身長があって、脚力がある(50メートル走6秒1、100メートル走11秒台)。160キロ出ます。出たからなんだっていう話かもしれませんが、(相手に)プレッシャーは与えられる」。“排気量”は同部OBのDeNA上茶谷、中日梅津、ソフトバンク甲斐野の「150キロトリオ」よりも上、と太鼓判を押した。

156キロ右腕の羽田野温生「目標はプロ入り」 東洋大がグラウンド開き/デイリースポーツ online
 東都大学野球リーグ2部の東洋大が10日、埼玉県川越市内の同大学でグラウンド開きを行った。最速156キロ右腕の羽田野温生投手(はるき、3年・汎愛)は「目標はプロ入り。チームの勝利につながる結果を出しつつ、そこに最終的につながれば」とアピールしていくことを誓った。 188センチ、92キロの体格から繰り出す最速156キロの...
【大学野球】 東都2部・東洋大が始動 188センチの豪腕・羽田野温生「160キロを目標に」
 東都大学リーグ2部の東洋大が10日、埼玉・川越市の同校グラウンドで始動した。最速156キロを誇る今秋ドラフト候補の羽田野温生(はるき)投手(3年=汎愛)は「160キロを目標にしたい」とさらなるスピー
東洋大が始動 プロ注目の最速156キロ右腕・羽田野「プロ入りは一つの目標」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 東都大学野球リーグ2部の東洋大が10日、埼玉県川越市のグラウンドで始動した。1部復帰へ向け、チームスローガンは「圧倒」。主将の小口仁太郎内野手(3年)は「春は全勝したい。無理だと思われるかもしれないが、一戦も落とせないという気持ちでやらないと1部には上がれないと思う」と誓った。
東洋大がグラウンド開きで必勝祈願 小口主将「1部に復帰し、秋は日本一が目標」/東都
東都大学野球の東洋大は10日、埼玉・川越市のグラウンドで全選手が集合し、新春恒例のグラウンド開きを行い、主将の小口仁太郎内野手(3年)らナインが必勝を祈願した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント