創価大・門脇誠選手が3打点、5球団が視察

大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

創価大の遊撃手・門脇誠選手に、この日は5球団のスカウトが視察した。

スポンサーリンク

1盗塁

門脇誠選手はこの日、5回1アウト2、3塁の場面でライト前へタイムリーヒットを打つなど、3打数1安打3打点、自慢の足で1盗塁も記録した。

前日の試合でも2安打1打点1盗塁を記録する活躍を見せており、堀内監督も「今日も門脇ですよね。今日は今シーズン初の3連戦目。難しさがある中、よく点を追加してくれました。」と評価した。

前日もスカウトが視察に訪れていたが、この日も5球団のスカウトが視察をした。門脇選手は「いい緊張感の中の方が打てるんです。スカウトさんが来てると知って、今日も打てるなと思いました」と話し、心の強さを見せた。

今年の遊撃手の候補としては、亜細亜大の田中幹也選手、立正大の奈良間大己選手、天理大の友杉篤輝選手、明治大の村松開人選手、慶応大の下山悠介選手などの名前が挙げられるが、3拍子そろった選手として、門脇選手が高く評価されている。プロ入りに向けて順調にアピールができている。

2022年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-東京新大学リーグのドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
プロ注目の創価大・門脇誠、5球団スカウト見守る前で3打点「緊張感の中の方が打てる」 - アマ野球 : 日刊スポーツ
創価大が駿河台大に2試合連続のコールド勝ちをおさめた。昨秋首位打者で、今秋ドラフト候補の門脇誠内野手(4年=創価)は5球団のスカウトが見守る中、自慢の打撃でア… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

昨秋首位打者で、今秋ドラフト候補の門脇誠内野手(4年=創価)は5球団のスカウトが見守る中、自慢の打撃でアピール。3打数1安打3打点1盗塁、犠飛と適時打で打点を稼いだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント