法政大ルーキー・三浦銀二投手が東京六大学デビュー

法政大, 三浦銀二

東京六大学リーグでは立教大vs法政大の試合が行われ、法政大の1年生で昨年はU18代表などで活躍した三浦銀二投手が登板をした。

145キロ、3回1失点

法政大は今年のドラフト候補・菅野秀哉投手がピリッとせず、4回3安打1失点で降板すると、5回から1年生の三浦銀二投手がマウンドに上った。

三浦選手は145キロを記録したストレートと、得意のチェンジアップを見せ、5回、6回を無失点に抑えた。7回にはスクイズで1失点をしたものの、3回を投げて2安打2奪三振1四球で1失点、「悪くはないと思います」と手ごたえを感じていた。

それでも「高校とは違う雰囲気でした」と話し、大学野球の舞台を感じた。対戦したバッターでは立教大で3試合連続でホームランを放っている三井健右選手がいたが、「絶対に抑えてやろう」と思ったと話し、1学年上のスラッガーをセカンドゴロに抑えた。

東京六大学でも清宮世代のルーキーが注目されており、早稲田大の徳山壮磨投手、明治大の磯村峻平投手と竹田祐投手、立教大の川端健斗投手の4投手がすでにリーグ戦でデビューをしている。徳山投手、磯村投手、川端投手はU18でもチームメイトだった。他にも法政大では古屋敷匠真選手、山下輝投手といったプロが注目した投手がおり、チーム内でもライバルがいる。「少なからずいい刺激になった」とライバルの投球を見て、三浦投手も燃えるものがあった。

清宮世代の清宮、安田、中村、村上などの強打者がプロで成長をするだろうが、三浦投手、徳山投手などが大学で成長し、4年後にプロの舞台で相まみえる事になる。その時にお互いにどんな選手になっていて、どんな対戦を見せてくれるのか楽しみだ。

2021年度-大学生のドラフト候補リスト
侍ジャパンU18日本代表選手 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

期待の新人・三浦がリーグデビュー戦で3回1失点。五回から2番手でマウンドに上がり、最速145キロの直球とチェンジアップで立大打線に立ち向かった。六回には前日まで3試合連続本塁打中の4番・三井と対戦。「絶対に抑えてやろう」と気迫の投球で二ゴロに仕留めた。


PAGE TOP