九州国際大付が創成館に勝利、2年生・葛城陸選手が3ラン

九州国際大付, 葛城陸

春季高校野球九州大会では準々決勝が行われ、九州国際大付がセンバツに出場した創成館に5-1で勝利した。2年生スラッガーの葛城陸選手が初回に3ランホームランを放った。

この春4本

葛城陸選手はこの日、5番ライトで出場すると初回、創成館の先発・荒木投手のストレートを捉え、98mのレフトフェンスをライナーで越える3ランホームランを放った。3回にもセンター前ヒット、9回には送りバントが内野安打となり、5打数3安打3打点の活躍だった。

葛城選手はこれで高校通算は8本とまだ少ないが、今年に入ってから、春季福岡大会の自由ヶ丘戦、小倉戦、そしてこの日と4本塁打を放っている。オフのトレーニングで体が強くなり、ホームランを打つパワーがさらについてきた。

180cmの身体があり50mを6.2秒で走る。楠城監督も「葛城は足もあるし、次は4番をうたせてみようかな」と話すように、長打力と俊足を兼ね備えている。

九州大会は明日、準決勝が行われ、九州国際大付は未来沖縄と、明豊は東筑と対戦する。

2019年度-高校生のドラフト候補リスト

葛城初回豪快3ラン 西日本スポーツ紙面 2018/4/24

 


PAGE TOP