No Image
明治神宮大会が終了し、高校、大学、社会人の2018年の主な大会はすべて終わりました。今年の主な大会の優勝・準優勝などをまとめます。

三菱重工名古屋, 勝野昌慶

社会人野球のNO.1を決める日本選手権は決勝戦が行われ、三菱重工名古屋がJFE西日本を延長13回の末に下し、初の日本一に輝いた。

No Image
社会人野球日本選手権はいよいよ決勝戦、JFE西日本vs三菱重工名古屋の対決となりました。この試合で2018年の社会人野球は終了となります。

三菱重工名古屋, 勝野昌慶

社会人野球日本選手権の準決勝では、中日にドラフト3位で指名された三菱重工名古屋の勝野昌慶投手が東芝を完封し、決勝進出を決めた。

No Image
社会人野球の日本一を決める日本選手権はいよいよ準決勝、横浜DeNAドラフト3位の大貫晋一投手、中日ドラフト3位の勝野昌慶投手が残っています。

東芝, 宮川哲

No Image
社会人野球日本選手権、東芝は来年のドラフト候補の150キロ右腕、東芝の宮川哲投手が最速152キロを記録、8回途中を3失点に抑える好投で勝利した。

JFE西日本, 河野竜生

No Image
JFE西日本で来年のドラフト候補左腕・河野竜生投手が、日本生命を完封し、今大会2試合連続完封を記録した。

No Image
社会人野球日本選手権は準々決勝3試合、ドラフト指名選手は、中日3位指名の勝野昌慶投手がいますが前の試合で先発をしており登板はしないかもしれません。東京ヤクルトドラフト5位の坂本光士郎投手はリリーフで登板の可能性があります。

新日鐵住金広畑, 坂本光士郎

東京ヤクルトにドラフト5位で指名された新日鐵住金広畑の坂本光士郎投手が、この日もリリーフで好投した。

スポンサーリンク
PAGE TOP