元巨人・四條氏が甲府商臨時コーチ、学生野球回復のプロ指導者で打撃アップへ

高校野球ドラフトニュース

 巨人やオリックスなどで活躍した四條氏が甲府商業の臨時コーチに就任した。

学生野球資格を一昨年に回復

 甲府商業は巨人で活躍した堀内氏等のプロ野球選手を輩出した山梨県の強豪で、昨年秋も山梨県大会で準優勝している。関東大会では初戦で川越東に完封されセンバツ出場はならなかった。

 そこで甲府商は臨時コーチとして元プロ野球選手の四條氏を迎え、この日、練習に参加した。巨人、オリックスなどでは故障などもあり活躍の時期は短かったものの、主軸候補としてチャンスに強いバッティングを見せており、打撃の向上にために選手を指導した。

 東海大甲府出身の四條氏、「山梨で指導できるのはうれしい」と話し、「伸び盛りの時期なので、感覚と理論の両面を大事に教えていきたい」と話す。山梨県高野連には学生野球資格を回復した23人の元プロ野球選手が登録されているが、結果に結び付けばコーチへの要請も増えてくるだろう。また、元プロ野球選手を呼ぶ事で野球に力を入れている事のアピールにもなり、良い選手が集まる可能性もでてくる。

 またアマチュア野球の指導者も、名将と呼ばれる指導者が高齢になっている事もあり、若い世代への交代が進みそうだ。その時にプロ野球に進んだ元教え子にバトンを譲る事もあるだろう。それまでに高校生の指導を経験しておくのは良い事だと思う。

甲府商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 守備練習では捕球動作の飛び出し方などを指導。打撃練習ではコンパクトで力みのないスイングを、1人1人、丁寧に手ほどきした。「肩をもっと中に入れて」。助言を受けた選手たちが真剣にバットを振り込んだ。

 昨秋は3番に座った水上拳希遊撃手(2年)は「肩を引いて、コンパクトに振り抜くよう教えていただいた。今までは腕の力で振っていたけれど、体を回せばバットはついてくると言われ、意識が変わった」と話す。練習でも打球の伸びを実感。「春大会までしっかり練習してまた関東大会に行きたい」と意気込んだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント