まだまだいます2年生投手、興南・宮城大弥投手がノーアウト満塁を抑える

花巻東, 興南高, 宮城大弥, 西舘勇陽

2年生投手の活躍が光る中、興南高校の宮城大弥投手も素晴らしい投球を見せた。花巻東の注目右腕・西舘勇陽投手は今年の甲子園では3球だけに終わり、来年を目指す。

成長した姿

日大三・井上広輝投手、横浜・及川雅貴投手、星稜・奥川恭伸投手、創志学園・西純矢投手、大船渡の佐々木朗希投手、菰野の岡林勇希投手がU18代表候補に選ばれ、奥川投手、西投手がこの甲子園で素晴らしい投球を見せた。その中で、昨年1年生の時からチームを背負い、甲子園で登板していたのが興南の宮城大弥投手だった。

宮城投手は昨年の夏にチームのエースとして沖縄大会を制すると、甲子園でも投球に注目された。しかし初戦の智弁和歌山戦で先発をしたものの、強打線にホームランなど5回途中で4失点しノックアウトされた。あれから、ホームランを打ばれた場面の映像を繰り返し見て悔しさをバネにし、この夏、再び甲子園に帰ってきた。

それでもこの日は3年生のエース・藤木投手が先発し好投を見せる。しかし8回、2点リードもノーアウト満塁のピンチとなり、宮城投手が登板した。宮城投手は自己最速タイの143キロのキレのあるストレートを見せ、外角高めで空振りを奪って三振を奪うと、続くバッターをピッチャーゴロの併殺に斬って取り、このピンチを抑えた。

2回4奪三振1失点、昨年よりも成長した姿を見せた宮城投手、2年生世代の投手の活躍にも刺激を受けているだろう。

3球で

一方、花巻東の西舘勇陽投手は、この夏の甲子園は3球のみで終わった。2-2のまま延長に入った10回、先発したエースの伊藤翼投手は9回あたりにはスタミナもキレていたが、佐々木監督はそのまま伊藤投手を続投させる。しかし、この回2点を奪われ2アウト1,2塁の場面で、西舘投手が登板すると、相手バッターを3球でファーストゴロに抑えた。

「春からは迷惑ばかりかけてしまった。もっと先輩たちと野球がしたかった」と話した西舘投手、182cmの大型右腕で最速142キロの速球を投げ入学時から注目された。しかし今年春のセンバツでは大阪桐蔭戦で2番手で登板するも、2回0/3で7失点した。そしてその後は腰痛を発症し、今年夏の岩手大会でも登板は決勝戦の盛岡大付戦の3回のみだった。

西舘選手は甲子園の土を持ち帰らず、「来年も戻ってきて、優勝できるようにチームを引っ張りたい」と話した。今年のくやしさと、同学年の投手たちの活躍を見て、来年はどのような投手になっているか、期待したい。

夏の甲子園(2018)の見どころ~その3~ 注目される1,2年生 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

2019年度-高校生のドラフト候補リスト

 琉球サウスポーがたすきをつないだ。2点リードの8回無死満塁。2番手のトルネード左腕・宮城が奮い立った。背番号13は左翼から救援。「1点もあげたくないと思った」と空振り三振、投ゴロ併殺。一打同点のピンチをゼロで切り抜けた。昨夏は1年生で初戦・智弁和歌山戦の先発を託されたが、5回途中4失点で6点リードを守れず、逆転負け。本塁打を浴びた映像を繰り返し見て、悔しさをバネにした。自己最速タイの143キロをマークし、2回1失点4奪三振。3年ぶりの初戦突破に導いた。

花巻東の最速142キロの2年生右腕・西舘勇陽(ゆうひ)は10回2死一、二塁から登板。相手打者を一塁ゴロに抑え、3球でピンチを切り抜けた。センバツ後に腰を痛め、夏の岩手大会の登板は決勝・盛岡大付戦の3回のみ。「春からは迷惑ばかりかけてしまった。もっと先輩たちと野球がしたかった」と肩を落とした。背番号17の次期エース候補は甲子園の土は持ち帰らず「来年も戻ってきて、優勝できるようにチームを引っ張りたい」と誓った。


PAGE TOP